ツワモノ!

動物
11 /10 2014
ご存じの通り、私はいろいろな動物を診療しております。

ワニガメや大蛇などの危険な動物から、
ヒツジやブタと言った家畜まで、
自分の手に負える範囲では可能な限り対応しています。
そして、そのほとんどの動物の外科手術を行っています。

そんな中で、実は、もっとも?というか、
少なくともパッと思い浮かべる中で、
麻酔をかけるのがとても嫌な(できればかけたくない)動物がいます。

何かと申しますと、犬!です。
そして、どんな犬といいますと、



bulldog.jpg
そう、「ブルドッグ」です。

ブルドッグは数ある犬の仲間でも、
私に限らず、獣医師なら
「最も麻酔をかけるのを躊躇する犬」のNo.1に挙げられます。

なぜなら、「麻酔が安定しない」「麻酔中に呼吸が止まりやすい」「麻酔後に呼吸が止まりやすい」
のです。

ブルドッグのような「鼻潰れ型」の犬を「短頭種(たんとうしゅ)」と分類するのですが、
この短頭種は以下のような症状をもっていることが多いことが分っています。

・外鼻孔の狭窄(鼻の穴が小さい)
・扁桃の拡張(扁桃腺が大きいので呼吸が難しい)
・軟口蓋の過長(のどちんこが長くて呼吸困難になりやすい)
・喉頭小嚢の外反(気道が狭い)
・声門裂の狭窄(同じく気道が狭い)
・喉頭・気管の虚脱(気管などが弱い)

というデメリットと挙げるといろいろあって、
ともあれ、獣医泣かせであるのは間違いありません。

来院したこのブルちゃんは去勢手術の依頼でしたが、
手術の1週間前から私は、「ドキドキ」しておりました。
よって、ブルドッグは私にとって「ツワモノ」なのです!

お気をつけて。

動物
02 /08 2014
こんにちは。
本日、東京地方は近年稀にみる大雪となっております!
皆様の地方はいかがでしょうか?

hosp.jpg

こんな寒いときは、やはり、熱帯の生物でもUPして
気持ちだけでも暖かくなっていただきたいと思ったのですが、
こんな時こそ雪国にぴったりの動物を紹介します。

tonakai.jpg

この動物はなんでしょうか?
ヒント。
1)いつもは笑いものだそうです。
2)でも、ぴかぴかお鼻は役に立ちそうです
3)私の名前に少し似ています。












正解:トナカイ


大雪に負けず、通常通り診療は致しておりますが、
もし来られる際には十分お気を付けください。
かなり、滑りやすくなっております。

とかいう私も、先ほど病院の外に出で(この写真を撮る前)
滑って尻もちをつきました!(苦笑)


珍獣!?

動物
01 /27 2014
あるときこんな細長い、またタヌキのよううな顔をした動物がやってきました。
身体検査を終えた私は、この動物がとても珍しい
珍獣であることに気づきました。

ferret1.jpg
イタチ?と思った方は、ノーマルの方。
カワウソ?と思った方は、あまり動物を知らないかもしれませんね。
で、普通のフェレットじゃん!と思った方は、
拙ブログの熱心な動物をよく知っている読者さんだと思います。

そう、この動物はイタチ科に属するフェレットという動物です。
フェレットはもともとヨーロッパケナガイタチというイタチの一種を家畜化した動物で、
今では、海外や日本でも人気のペットです。

で、このフェレットさんがなぜ「珍獣」というかというと…?

ひっくり返してみました。
ferret2.jpg
お、おまたに、なんとタマタマが2つ…!!

何故?と思われるかもしれませんが、
実は日本でペットとして飼育されるフェレットの99%以上が
海外で去勢手術を施されて輸入されてた個体ですので、
このようにタマタマがついているのでは
とてもレアなのです。
よって珍獣認定です!

深海旅行!?

動物
08 /26 2013
時代の流れはますます速くなり、
世界の距離はどんどん短くなり、
所謂、「秘境」「前人未到」というような空間は
地球広しと言えども、どこにもなくなりつつあります。

Google earthを使えば、
世界中どこでも行った気分を味わえるような、
自在な絵を得ることができます。

しかし、そんな地球ですが、
唯一、まだまだ、恐らくその解明具合で言えば、
0.00001%も人類の目にさらされていない地域が実はあるのです。
どこだと思いますか?

それは…


「深海」です。
深海は長いこと海の砂漠ともいえる不毛なエリアだと
考えられていましたが、
最先端の研究で、とても生物が豊かなエリアであることが
判ってきました。
その一例が、最近ホットな話題のダイオウイカがありますね。

そこで、今回、私は特殊な許可を得て、
深海に行ってまいりました。
深海まで案内してくれるのが、
深海探検の先駆者「ネモ船長」と
最新式潜水艦「ノーチラス号」です。

では、いざ出陣!
ザブン♪、ボコボコボコ♪♪(潜っていく音♪)


jerry.jpg
水深200メートル。さっそく見えてきました。クラゲの一種です。
動物でありながら植物っぽくもあり、フワフワと海流に身を任せつつも
自己を持ち何億年もひっそりと生きながらえてております。


omu.jpg
水深500メートル付近になりました。
おっと、次にお出ましは、かの古生代デボン紀からペルム紀に栄華を極めた
アンモナイトの近縁種であるオウムガイです。
イカやタコの仲間でありながら、オウムの嘴のような貝をもち、
漏斗と呼ばれる管から吸い込んだ海水を噴出し推進力としている
深海を漂うひょうきんモノです。


いよいよ1000メートルの海底に到着しました。
一見すると確かに砂漠のように何もない様子。
しかし、何やら魚の死骸に集まっている三葉虫のような
生物が蠢いていました。
oogusoku.jpg
サングラスをかけたヤンキーよろしく、
深海のスカベンジャー(掃除屋さん)、オオグソクムシです。
餌の貧しいところに生息しておりますので、
数年の絶食はへっちゃらです。
将来の食糧難の恐れがある人類も見習いたいところです。


そして、こうして私がブログをUPしているということは、
長時間に渡る危険でエキサイティングな深海調査から無事帰還したことを意味しています。
ありがとう、ネモ船長、お疲れさまノーチラス号!


・・・・・。
というのは私の完全なる妄想で、現在では、こういった生物は
水族館で比較的容易に見ることができるようになりましたので、
ぜひ行って見てください。
そして、珍生物と向かい合い「生物の深み」について想像を巡らせてみてください。
そうすることもひいては人類存在を考えるきっかけになるやもしれません。
最後まで読んでいただきありがとうございました!








トントンミー♪

動物
07 /28 2013
潮が引くとそこには広大な干潟が現れます。
干潟にはカニやエビ、ヤドカリなど
様々な生物が息づいています。

また、目には見えない天文学的数の微生物たちが、
有機物を栄養にせっせと水や泥を清浄化しています。

そんな干潟の主役はトビハゼ君。
沖縄の方言ではトントンミー。
トントンとは跳ねること、ミーはもの、という意味だそうです。

おっきく飛び出した特徴的な眼を持ち、
胸びれをまるで足のように器用に使って
あっちへよいしょ、こっちへよいしょとコミカルな動きで
ひときは目を引きます。

tontonmi.jpg

魚のくせして、水が嫌いで、
いつも、こうして体のほとんどを水から出して、
外界の様子をパトロールしています。
敵が見えたら、一目散に、水の中へ、ではなく、
干潟の上をピョンピョンとカエルのように跳ねて四方八方に散ります。

両生類が魚から進化したことはこのブログを読んでいる方なら
ご存じでしょうが、まさに、この魚もホントは両生類になって
生活圏を地上に求めている進化の過程かもしれません。

そんな風に生き物を眺めるといろいろな想像が膨らみ、
おもわずニヤリとしてしまうのは私だけでしょうか。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。