アマゾンの想い出シリーズ2.何でも大きい

未分類
10 /25 2008
アマゾン河の全長は6300キロ。
河口の川幅は300キロもあり、
そこに浮かぶ中洲は実に九州ほどの大きさがある。
(それを包するブラジルはもっと偉大だ)

日本の常識からすると考えられないほど、
何でもかんでも大きい。

植物ファンの方、お待ちかね。
写真は、ハスの仲間のオオオニバス(大鬼蓮)です。
直径は1.5mにもなり、子供が乗っても沈みません。
これは本当です。すごいことですよね。

とりあえず、見ることだけなら、
アマゾンまで行かなくとも、
「熱川バナナワニ園」の温室で観察出来ます。
興味のある方は、ワニ園へ是非どうぞ。

onibasu.jpg

コメント

非公開コメント

オニバス。。。

 25年前位ですが、行きました。熱川バナナワニ園~!

 その頃?テレビで「子供が乗っても沈まない!」とCMしていたような…? オニバス前に「私が乗ったら沈むだろうな~」と漠然と考えていたのを思い出します。(今より10Kgは痩せてましたがね^^;v)  
 南米は是非とも行きたいですね!自然で生息している光景も見てみたかったな~ (まだ諦めていませんが…スペイン語勉強中^^v)
 
 ワニでもアレルギーあるんですね?ビックリ!確かに、アレルギーって、毛の生えた動物だけではないですものね。
 私は、夕日を見ると(それも必ず運転中!)鼻がツ~ン&くしゃみ5回は止まらなくなります。 
 う~ん、ナゼだろう・・・?
  

 

ころ飼い様

コメントありがとうございます。
ワニアレルギーですか、
珍しいですね。ワニ料理食べたらもっと痒くなりますね。
ワニ園は素敵なところです。
私は、年に1度は行かないと、落ち着きません。
大田区の小学生は幸せですね。

うさママ様

コメントありがとうございます!
25年以上前からあるのですね、ワニ園。
あのレトロ感は、だてじゃありませんえn。
夕日アレルギーとはこれまた珍しいですね。
昼間の太陽は大丈夫なのでしょうか。