森の人

動物
10 /18 2008
野生のオランウータンです。

オランウータンはサルと言えばサルですが、
分類学上、霊長目ヒト科オランウータン属に分けられます。
ヒト科ですよ、ヒト科。
とすれば、イヌ科のオオカミとキツネ程度の違いしかないのです。

仮に、ヒト科の中で、
いろいろなことに長けている方がヒトとして、
少し劣っている動物をサルとします。

ジャングルを歩いていて、ふと見上げたら、
こんな風にジッと見つめられていたら、
向こうがホントのヒトであり、私がサルではないか、
という錯覚をしてしまいます。

森の中では、どうやったって、向こうのほうがあらゆることに
長けており、ヒトのほうが不自由に見えてきます。

人間もサルだし、サルも人間なんですよね。
「猿まね」なんてサルを笑っていたら、
いつか映画『サルの惑星』みたいになってしまうかもしれませんね。

oran2.jpg

oran1.jpg

※オランウータン
 メスで身長120センチ体重40キロ、オスで身長170センチ100キロに達する。
 寿命は50年以上。
 完全な樹上性生活者であり、地上に降りることは殆どない。
 主に、葉っぱや果物を食べて生活している。
 寝るときには、木の葉や枝を使って「ベッド」を製作しそこで寝る。
 しかも、通常、そのベッドは毎日交換する。
 また、小枝を使って、木の実の中身を器用に食べる。

コメント

非公開コメント

すべてを・・・

 この世の出来事、よい事も辛い事、悲しい事も...すべてを受け入れている様な目をしていますよね。
 そういった意味では、右往左往する「人間」よりもよっぽど精神世界では崇高なのかも...などと感じます。
 
 先生が生まれ変わったら、森の奥でローランドゴリラ、ではなくオランウータン、の方が近いかも・・・??^^

 (チャッピー、火曜日に診察よろしくお願いします)

寝床を毎日取り替えるだけでも私より勝ってます(^o^;
猿科は見てて飽きないですね。上野動物園ではゴリラの肉体美にメロメロになります(笑)

皆様、コメントありがとうございます!

うさママ様

コメントありがとうございます。
彼らは、残された森で文句も言わず、生きています。
全ては、宇宙船、地球号の同じ乗組員です。
仲良くやっていきたいものですよね。

ころ飼い様

コメントありがとうございます。
ちゃんと、くだらないコメントにもレスしますよ(笑)。
よく、サル顔のヒトっていますよね。
でも、そういうヒトに限ってモテたりしますので、
やはり、ゴリラもオランウータンもヒトも、ヒト科なので
恋しても問題ないですよね。

yasuyo様

コメントありがとうございます。
そうなんですよ。毎日、葉っぱせっせと取り替えて
寝るのですよ!
動物だって、きれいなところで寝たいのは一緒なんです。

世界中の人間がいつもお腹一杯で、
きれいなところで寝ることができたら、
誰も腹立てないし、戦争なんて起きないと思うのです。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。