スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口の中の腫瘍

カルテ
10 /19 2016
朝一番に、先生!
うちの子、口から大きなものが飛び出て、
出血がすごいんです!というミニチュアダックスが来ました。

実際診察してみると、おっきな塊が口から露出しており、
そこから、血液が滴っておりました。
daxkoukuumass1.jpg

高齢ですが、ほっとくわけにはいかないので(出血多量で死んでしまう)、
麻酔下での摘出しないといけない状況でした。
(この時点できちんと摘出できるかどうかの判断はついていませんでしたが、
 やるしかない状態と言うものがある、ということでご了承ください)

電気メス、レーザーメスなどを駆使して摘出に臨みましたが、
出血が多く、組織も大きくらちがあかないので、(時間がかかりすぎる)
指を使って剥離&鉗子で止血で時間短縮。

daxkoukuumass2.jpg
と先の見えない前進を続け、無事摘出&縫合完了。

『為せば成る、為さねば成らぬ何事も』を思い出しました。


コメント

非公開コメント

Re:口の中の腫瘍

何が出たんでしょうか?

術後の経過も気になりますが、
良かったね!
先生に感謝ですね、ダックスちゃん!

為せば成せて、本当によかったです。
お疲れ様でした(*^^*)

( ̄◇ ̄;)すごいですね、飼い主さんも先生もビックリですね。さすがです、助かってよかった(⌒▽⌒)

大変な手術お疲れ様でした。
何の塊だったのでしょう~ 気になりますね。
読書の秋なので先生の書かれた本を読んでおります♪
珍獣の医学の単行本です♪
やはり面白いです♪

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。