スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13周年!

未分類
05 /02 2016
本日は、GW真っ只中ですが、
私にとっては一人元旦のような日なのです。

kota.jpg
とは言っても、おせちを食べたり、休んだりもせず、いつもと何も変わらず診療しています。
歯のクリーニング中のトイプーちゃん

さておき。
24年前の18歳の時、それまで畑の真ん中をヘルメットかぶって自転車通学していた
愛知の田舎の高校卒業と同時に上京しました。

そして学生、勤務医時代を相模原、横浜で過ごし(なんて都会なんだ!と思ったものです)、
東京に身内もおらず不安と希望が一杯で(いえ、不安のほうがとても大きく)
開業したのが29歳のときの5月2日です。
なので、何を忘れてもこの日は忘れません(マジです)。

開業してからは目の前のことをひたすらこなしてきて、
いろーーーんなことがありましたが、
体調も壊さず気が付けば13年。
長かったような短かったような。

また、今日から田園調布動物病院は14年目が始まります。
13th.jpg

これからも変わらず、ブレず、
より一層、動物のため、結果的に飼い主さんに喜ばれるよう、
頑張っていきたいと思いますので、
今後ともスタッフ一同、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

追伸:GW中の休診はありません。木曜日は通常通り休診となります。
    宜しくお願い致します。

田向健一

コメント

非公開コメント

Re:13周年!

あれから13年ですか。
「光陰矢の如し」ですね。
お身体を労わりつつ、
これからも活躍ください。
おめでとうございます☆

・・・お花とても綺麗です

Re:13周年!

今日が開業記念日でいらしたのですね!
そんな記念日にカエルのケロロを診ていただき
まだまだ元気ですと診断いただけて感激です。

カエルを診ていただける先生がそばにいらしてくださる
ことは、カエルの家族としては本当にありがたく心強いです。

これからもどうぞ先生を必要とする動物さんたちのためにも
お体に気をつけてがんばってください!
たくさんの感謝をこめてv-535

おめでとうございます、カエルも増えたので、ちょうど先生のカエルの本を中古で探して買った所です。ちょうど2003年に出版された本みたいでした。新品では手に入らないみたいで。写真がすごく若い( ̄◇ ̄;)

13年おめでとうございます。これからも、動物の為に、自分の為に、飼い主さんの為に、健康でいてください。

13周年!おめでとうございます

ベルツノの件で電話でご相談した日が2日でした。

その後、4日にこちらの病院に来させて頂いて。
カエルの状態を先生に視診、治療して頂き、
帰宅時の車の中で、マットの入り混じったフンが沢山出て、
自宅に戻り、一寸出ていたカエルの腸を押し込めたところ、
翌日も脱腸しませんでした。
そして、今日も大丈夫みたいです。
本当にありがとうございました。
と、お礼をこちらに寄せても良いものか!
悩みましたが、カキカキ。
昨日は先生の珍獣の医学も書店で購入させて頂きました!
感謝です!

体調にはくれぐれも気をつけてくださいm(_ _)m

開業13周年、ほんとうにおめでとうございます!

♪13周年おめでとうございます♪
気がつけば先生の大ファンになっておりました~♪
先生の書籍もまた購入し読むのがとっても楽しみな毎日です♪先生の書籍は一般の私でもわかりやすくて読みやすく面白いので動物達の事とっても勉強になっております☆
ペットを飼う場合にとっても役立ちそうです!
これからもお体をお大事にお仕事頑張って下さい♪(^o^)/

Re:13周年!

変わらず、ブレず。

もしかしたら、それこそが一番難しくて、でも、一番たいせつなことだと思います。

13年間いろいろあった事と思いますが、これからも田向先生がご健康を友にして、どうぶつさんたちに、たくさん愛されますように・・・!

Re:13周年!

「珍獣の医学」を読みました!たった今!

動物と飼い主への愛情と屈託のある語り口に、共感と感激でいっぱいです。
思わずホームページを訪れてしまいました。

うちは珍獣ではなくて、普通の猫と暮らしてます。

13周年、おめでとうございます。
継続は一番の力ですね!

Re:13周年!

皆さま

まとめてのお返事お許しください。
私は、書いたりするのは得意なのですが、
実は人と話をしたりするのが苦手で、とても人見知りなんです。
でもこうして、皆さまにコメントいただくと、
話しているような錯覚に陥ります。
これからも、動物のために頑張りたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願い致します!


田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。