スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクロモモンガの乳がん

カルテ
08 /02 2015
毎日うだるような暑さですがいかがお過ごしでしょうか。
暑さなどの肉体的ストレスから、体調を崩す動物が増えています。
どうぞ、温度管理には十分気を付けてください。


今日は普通に病気の紹介。
最近の小動物業界での人気者は何と言っても
フクロモモンガ。モモンガと言っても、げっ歯類ではなく、
かの、コアラやウォンバットと同じ有袋類。

一般的に飼育されはじめて数年が経ちましたが、
歳を取ってくると、出てくるのが腫瘍、いわゆるガンです。

お腹にシコリを見つけた、ということで来院しました。
触診をすると確かにお腹に大きなしこりがありました。
今までの経験から、何らかの腫瘍であると診断しました。
sugermgt1.jpg

そこで、飼い主さんと相談して、摘出手術をすることになりました。
麻酔をかけてよく見るとこんな感じのおっきなしこり。
よく観察すると、フクロモモンガのお腹にある袋の中から発生していることに気づきました。
sugermgt2.jpg

袋の裏側を含め、慎重に切除しました。
そう、有袋類は、袋の中に、乳頭があり、そこで赤ちゃんを育てるのです。
したがって、袋の中に発生した腫瘍は、人間でもワンちゃんでもよくみられる、
乳がんだったのです。
sugermgt3.jpg

フクロモモンガの腫瘍はまだまだ報告が少なく、(やる獣医さんも少ない)
今回調べたところ、アメリカで1例、外科的に摘出した報告があるだけでした。

しかし、飼育頭数の増加、長寿によりこれからはもっと増えていくかもしれません。
フクロモモの雌を飼われている方は注意が必要ですね。


コメント

非公開コメント

Re:フクロモモンガの乳がん

ホント小動物の腫瘍を摘出させたら、先生の右に出るモノはいないと思います。
約3年前に手術していただいた我が家のモルモット、もうすっかりおばあちゃんになりましたが、まだまだ元気で毎日モリモリ食べてます🐷

二例目に

アメリカの次に田向先生の二例目になるのかしら?
世の獣医師さんが今後参考にされるのでしょうね
(o^^o)
無事の摘出お疲れ様でした。
フクロモモンガさん頑張りましたね!
(≧∇≦)
先生の症例を見るたびに勉強になり、命の尊さを再確認できます。

いつかモモンガを飼いたいなぁと思っていたので勉強になりました。。
雌だったら気をつけたいと思います☆

Re:フクロモモンガの乳がん

皆さま

コメントありがとうございます。
こんな小動物でも、病気になったり、ガンになったりするのを
知って頂ければ、少しでも長生きできる子が増えると思っています。
これからも宜しくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。