より安全な手術の為に

モノ
07 /20 2014
小動物の手術が難しい点として、

手術前の身体状態の把握がしにくいことがあります。人や犬猫など
ある程度の大きさのある動物でしたら、術前に血液検査やレントゲン検査、
場合によってはCT検査など十分に手術を受ける動物を精査してから、
それでOKであれば、手術に望むことができます。
しかし、小動物となるとなかなかそうは行きません。
採血もろくに出来ませんでし小さすぎる動物はレントゲン画像の評価も困難です。


もう一つ、大きな問題点として、
手術で最も重要な全身麻酔も体が小さくなると難しいものがあります。
現在、麻酔はガス麻酔で行うのが一般的ですが、
人間、犬、猫などの麻酔は気管にチューブ(気管チューブ)を入れて、直接、気管から
肺にガスを入れます。そして、気管チューブを入れると、
呼吸の回数から、麻酔ガスを入れる量(圧力)まで機械を使って完全に管理ができます。

しかし、ウサギの大きさ以下の小動物は小さすぎるあまり、
気管チューブを挿入できないので、代わりに、麻酔マスクを使って、
動物自身の呼吸を頼って行わないといけません。

麻酔が深くなると、呼吸が止まってしまうこともあり、止まってしまうと、
チューブを入れていないので、呼吸をコントロールできないのです。
したがって、麻酔マスクでの麻酔は呼吸が止まらないように、
より細心の注意をはらって、麻酔濃度を調整しなければなりません。

すなわち、その呼吸を「ちゃんと術者と麻酔係りの目で目視」して呼吸を維持しないといけないのです。
しかし、、、その「呼吸の目視」が小動物の手術中の場合、とても難しいのです。
なぜなら、手術中は、「滅菌布」を全身に被せてしまうので、
呼吸している動きを目視、確認することが難しいのです。

と、前置きがずいぶん長くなってしまいましたが、
そこで、この「呼吸の目視」を可能にさせる、新しい手術用「滅菌布」を
開発しました。それが、「小動物用胸部ドレープ」です。

drape.jpg

これだと、透明ですので、手術中も繊細な胸部の動きも確認できますし、
マスクがずれていないかどうかもすぐに確認できます。

このドレープは、メスなどが触れても、簡単に破れたりせず、鉗子つまんでも穴が開きません。
かつ、高圧蒸気滅菌をしても、溶けたり、変形したりしません。
この素材は、ドイツから輸入した特殊なシリコンを使っています。
私のアイディアを、心ある樹脂造形会社の方が、形にしてくれました。
世界にまだ4枚しかありませんが、
今後、小動物を手術する多くの先生に使っていただけるよう、思案中です。


コメント

非公開コメント

素晴らしい物を開発なさったのですねっ♪小動物を手術なさる獣医師さん達や小さい患者さんにも 嬉しい手術用品ですね♪ V(^-^)V♪

Re:より安全な手術の為に

天才!

先日エキゾチックペット研究会の関西セミナーで貴重な講演をありがとうございました!

その際、ご挨拶させていただいた北里大学獣医の一年生です。先生のブログはいつも拝見させてもらってます。動物全般に関する手術や時には飼育している動物の紹介などためになるお話ばかりです。これからも楽しみにしていますね。


僕が将来現場で働く時にこのような素晴らしい道具がたくさん実用化されているのが楽しみです!
今後動物にとっても獣医師にとってもより良い手術ができるようになっていることを願います。

ここを教えてもらえて助かりました。

どうしても言いたくてこの場を借りさせていただきます。
母子家庭で6歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
私は、ある掲示板を知って生活がかわりました。
困っていることを伝えたら、すぐに助けてくれたんです。
すぐにお金持ちになれます。
絶対に知りたいという人だけに教えます。
もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
メールもらえたらすぐに教えます。

Re:より安全な手術の為に

こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
以前よりちょこちょこブログを拝見している動物看護士です。

これ、ぜひ製品化してください!!
素晴らしいアイデアです。
うさぎ以下のサイズのエキゾチックペットが多い病院に勤務していますが、全身麻酔時の呼吸確認の難しさにいつも苦労しています。
布をたまにちらりとめくって目視するか、小さいマスクの場合にかすかに聞こえる呼吸音を頼りにするかしかありません。
今後の製品化を期待します!!

田向先生が以前開発された小動物用の開口器と臼歯カットのための小さなペンチも、勤務先ではデグーやモルモットに重宝しています。

Re:より安全な手術の為に

皆さま

コメントありがとうございます。獣医療の製品はまだまだ、海外の輸入に頼っていることも多いので、Made in Japanの製品が増えていくことを願って、微力ながらアイディアを製品化したいものです!

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。