同じもの、同じものしかない

モノ
10 /01 2008
すみません、昨日のネタのパクリです。

獣医師は、当たり前ですが、外科、内科だけでなく、歯科や眼科などもやります。
しかも、この時代、単にペット(動物)とはいえ、
人間の医療に近いレベルを要求されることもしばしばです。

写真は歯科器具です。
すべて人間の歯医者さん用の器具です。
これらを使って、わんちゃんやうさちゃんやお猿さんの歯科を行います。
残念ですが獣医用(動物用)に開発された器具というのはほとんどありません。

人間用は、動物にとって大きすぎる器具が多いので、
小児科用とか眼科用とか小さめの器具を流用します。
時に、改造、自作します。

なぜ、獣医用の器具が無いというと、答えは簡単です。
人医と比較して、市場規模が小さい動物医療では、
製作メーカーの採算性が合わないのです。

dentaltool.jpg

コメント

非公開コメント

歯医者は苦手なのでこういう先の細い器具を見るだけで鳥肌が立ってしまいますが、こんなにいろいろな器具を使ってらっしゃるんですね~!!

これだけ愛玩動物が増えてるんだから、動物医療に関しても(いろんな面で)もっともっと発展してほしいですね。
先生の探究心、研究心に尊敬、信頼、感謝しつつこれからもよろしくお願いしますm(_ _)m

ころ飼い様

コメント有難うございます。
私は、退屈が嫌いなマグロタイプの人間です。
いつも、泳いでいないと死んでしまいそうになるのです。
好きな作家の言葉に

読め
耳をたてろ、
目を開いたまま眠れ、
右足で一歩一歩歩きつつ、左足で跳べ、
トラブルを歓迎しろ、
遊べ、
飲め、
抱け、抱かれろ、
森羅万象に多情多恨たれ。

があります。

yasuyo様

コメントありがとうございます。
本当に、いろ~んなもの、ありますよ(笑)。
動物病院を開業するには、
「人間の内科医院より、よっぽどか大変だ」
という、同業者の言葉があります。
今後も、いろいろな物を紹介していきますね

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。