スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご報告

未分類
12 /11 2013
このブログは、楽しいことやよかったことを基本的な柱として、
また、動物病院のブログでもあるので、
これから書こうとする極めて個人的でマイナスな感情の内容をUPすることをとても迷っていました。
しかし、私個人の気持ちの記録をしておくためのブログでもあると思い、
報告することにしました。


唐突ですが、私の父が先月亡くなりました。
脳梗塞という脳の血管が詰まってしまう病気でした。

4月に体調を崩しました。
すぐに愛知県の病院に見舞に行った際には、
まだ、自分でも動けていましたし、会話も不自由ながらしていました。
見舞は動物病院の休診日を利用したの日帰りでした。
面会時、体調のことだけ話し、5分程度で父は
「仕事は大丈夫か、父さんは大丈夫だ、早く帰って仕事しろ」と言い
私が「わかったよ、帰るよ、じゃ行くよ」と男同士にありがちな、ぶっきらぼうな、
でも、お互いそれでよし、といったあっさりとした見舞でした。


しかし、それが父との最後の会話になるとはその時は思ってもみませんでした。
5月下旬に重篤な病態となり、それきり会話、食事、歩行もできず寝たきりが続きました。

それ以来、私は、実家から電話がかかってこないかいつも不安でした。
万が一のことがあったら、私は押しつぶされはしないかと。
電話がかかってきたときは覚悟をしなければならないと。

そして、「今日は大丈夫かな?元気しているかな?」
といつにもなく強く感じた11月のある日の朝、
虫の知らせだったかもしれません。危篤の知らせを受けました。
急いで帰省の準備をして、
約30分後に、確認の電話をしたところ、すでに亡くなったと知らされました。


父親は自営で大工をしており、職人気質が強く頑固一徹で、
休みも不定期で、また、いつも作業着姿でしたので、
子供の時は、会社員で背広を着る紳士的な友達のお父さんの姿と比べてみては、
それをとてもコンプレックスに感じていました。
しかし、思春期を過ぎたころから、そのコンプレックスが、逆に
自分の誇りとなり、仕事は自分で自分の道を歩む強さをもつものだと
自然と教わったのだと思っています。

東京で開業するとき、父は私に
「男が仕事をするときは、親の死に目に会えない覚悟でするんだぞ」
ということをしきりに言っていました。
そして、それが現実となり、最期を看取ることはできませんでした。
しかし、弱みを見せるのが苦手な父はそれがきっと本望だっただろうし、
私もそのつもりで10年間走ってきたので、
私は看取れなかった後悔にさいなまれることもなく、
いまとなってみれば、あの言葉は父流の思いやりだったのかもしれません。


私は、当たり前ですが、こういう仕事をしているので、
生物学、医学的な知識を持っています。
それが、人間であっても、もっとも近い関係である父であっても、
幸か不幸か、薄情なのか、
担当医師から説明していただく父の病状をとても冷静に理解できました。
そしてそれが、どんなに積極的な治療や高度医療を施したとしても、
それから回復する見込みは極めて低いことも早い段階で判っていました。

亡くなったとの知らせを受けたときは、
大きな悲しみよりは、ようやく病から解放されたんだ、
という安堵の気持ちが優先的でした。
そして、その悲しみは、地中の水道管が破裂して、
多量の水が突然地表に湧いてくるような
深い悲しみとなって、後から不用意にやってきました。

命あるものは、遅いか早いの違いこそあれ、必ず死に至ります。
当たり前ですが、過去に天文学的数字以上のの命が誕生していますが、
1人1匹たりとも死を迎えない命は存在していません。


獣医師は、命を助けることばかりがクローズUPされやすい職業ですが、
その一方で、病気や死というものをとても身近に見ています。
言い換えれば、毎日、病気の動物を診て、死んでいく動物を看取る、
そして悲しみに暮れる飼い主さんとお話をする職業でもあります。
それゆえ日々命の儚さや無常を感じており、
毎日悔いの無いように生きたいと思っていましたが、
父の死を通じて、さらにその思いが強くなりました。


本年も残すところわずかとなりました。
皆さま、動物たちもお元気にお過ごしのことと存じます。
以上より、毎年更新していました年末年始のご挨拶を控えさせていただきます。
しかし、また、来年からは以前と変らず(もうすこし多く?)UPしていこうと思いますので、
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

田向健一

jikka.jpg
愛知県の実家の裏に広がる畑。私の子供の頃の遊び場。










コメント

非公開コメント

先生いつもお世話になっています。
死というものは、全ての生き物にとって避けることが出来ない事だと、頭では分かっていても、実際に自分の肉親がそうなってしまうと、割り切れない感情が湧いて来るのだと思います。
東京で、立派な仕事をされている先生の事をお父様は、きっと誇りに思っていらしたと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

生き物は早かれ遅かれ必ず死がありますけれども、永遠の命があったらなぁといつも思います。。
私は2年前に母を癌で亡くしました。家族の中で1番元気で明るい人だったので今でも信じられません。。永遠の命があったらこんなに悲しむ事は無いのになぁと思いました。。深い悲しみは時間がたつにつれ薄れていきました。。
先生にも悲しい出来事がおありだったのですね。


ご冥福をお祈りいたします。

来年のブログも楽しみにしております。 無理せずお仕事頑張って下さいね。
(^o^)/

先ず、お父様のご冥福をお祈り致します。

肉親や身近な人を亡くすのは大変辛いことです。
11月末に診察に伺った際、診察室を出る時に先生がニコッとしてくださいましたが、何だが何時もの先生と違うなぁ…具合が悪い感じとも違うし、疲れているだけでもなさそうだなぁと思っていたのですが…。
私も一昨年父を亡くしました。
医療事務をしている私の勤務先に舌癌で入院中に、以前他院で食道癌の手術をしたあたりからの大量出血で内視鏡中に心停止し、その後蘇生はしたものの意識が戻ることはなく、2か月後胸部大動脈瘤を併発し破裂で亡くなりました。勤務時間中だったこともあり看取ることはできましたが、それまでの間は家にいても仕事中でも電話が鳴るともしかして…と不安な気持ちになっていたのを思い出しました。

先生、お仕事もあり普段以上にいろいろと大変かと思いますが、お身体には気をつけてくださいね。

少し早いですが、今年も大変お世話になりました。
来年もワン共々宜しくお願い致します。
長文失礼致しました。

お悔やみ申し上げます

心よりお悔やみ申し上げます。

> 命あるものは、遅いか早いの違いこそあれ、必ず死に至ります。

頭では理解しているのですが、なかなか受け止められずの毎日です。

また診てもらいに行くねー


謹んで哀悼の意を表します
めぐる想いいろいろ
力を落とさず来年もクールな笑顔でご活躍の
せんせぃをここに覗きに来るよー
 

お父さんにご冥福をお祈りします。
家族とは一番身近にいて一番長く一緒にいる存在でこれまで過ごしてきた思い出もたくさんあると思います。僕も家族とはたくさんの思い出があり楽しかったことや悲しかったことはありましたが思い出はそれぞれの心にあるものなので家族は心でつながっていると僕は信じてます。
残された人生を精一杯生きることがこれからにつながってきます(^∇^)
今年も残すところあと少しですが頑張っていきましょう!!

Re:ご報告

おつかれさまでした。

お父様の御冥福をお祈り申し上げます


私は今月より、冠婚葬祭業で働くことになり ただ今葬儀の勉強中です。
これから、人の死に立ち会うことも増えますし、いつかは自分の親を送り出す時がやってくると思います。
そんな時に、後悔のないよう 一生懸命勉強して 思いやりのある葬儀ができたらなと思っております。


故人を忘れないのが一番の供養です。先生も、たまにはお父様との思い出をブログで紹介してくださいね!

お悔やみをもうしあげます

ご尊父様のご逝去に際し心よりお悔やみをもうしあげます。
日頃から動物たちの命に向き合う仕事だけでも大変なことだと思います。心身ともに大変な時だと存じますがくれぐれもご無理をなさいませんように。

心よりお悔やみ申し上げます。

私は先生と同じ歳です。うちもすでに両親共に亡くしました。
元気だった親も逝ってしまう歳になったのですよね。

私は寝たきりになった母を7年、同じく父を3年、仕事も辞めて介護看病する毎日を過ごし、
周りが仕事に私生活に充実した時間を過ごすなか、ほぼ世間との接点もなく介護する日々を恨めしく思ったこともありました。
亡くなった時は親も楽になったんだなという安堵感。そして自身が背負うものから解放された安堵感がありました。
両親とも亡くなった今、それがずっと罪悪感と後悔として残っていました。


上手くはいえませんが、先生とお父様のやり取りを知り、後悔する必要はないのかもと思えました。

私ごとを長々とごめんなさい。

うちには先生に診てもらってるちびっこい命が在るので、私も強くならねば!


一般人が知ることの出来ない動物診療の裏側や、先生のアマゾン的な?思考回路が覗けるブログ、また楽しみにしてますね。

Re:ご報告

田向先生、かけがえのないお父様の存在は、いつまでも心の真ん中で、生きていく事と思います。
そして、日々の、何気ない時に、ふっと思い出すたび、もっともっと近い存在になってゆくんですね・・・・・。

私も、愛知県の田んぼがあそび場でしたよ。
いいところですね・・・・・。
寒い冬が、やって来ました、風邪をひかないように。ご自愛ください。

Re:ご報告

 お父様の、ご冥福をお祈りいたします。

田向くん。故郷に来る時は、連絡下さい。同年一同。

Re:ご報告

ご冥福をお祈り申し上げます。

先月、ウチのウサギが初めてお世話になり、それまでずっと不明だった症状の原因が分かり感謝しております。(←大病ではありません^^;)
年内にまたお世話になろうと診療日を確認しにサイトに行ったらこのブログに偶然辿りつきました。先生にはお目にかかった事はないのですが、何と言うか読みながら目頭が熱くなってしまいコメントさせて頂きました。
今年も残り僅かですが、どうかお体にお気を付けてお過ごしください。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。