スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命力♪

カルテ
10 /29 2013
雨の降りしきるある日、
1匹の仔猫が濡れ雑巾のような姿でいたそうです。
それを見つけた方が、その仔猫を保護したのだけれど、
どうにもおかしいということで連れてこられました。

何でも、ミルクは少ししか飲まず、
飲むとすぐに息苦しくなり、
ハアハアと大きな息をするようになるとのことでした。

レントゲン検査をしたところ、
肺の部分が真っ白になっていました。
通常、レントゲンで肺の部分が白く見えるというのは肺炎と相場が決まっているのですが、
今回はどうやらそうではなさそう。
肺の領域に、見えないはずのループ状のガスが見えます。

哺乳類は、心臓や肺がある胸部と胃や肝臓、膀胱んなどを収める腹部があり、
その間には、横隔膜という薄い膜が両者を隔てています。

どうやら、この仔猫は、その横隔膜が何らかの理由で(先天的もしくは事故など)、
破れており、通常は陰圧になっている胸部に腹部の臓器が引き込まれている
「横隔膜ヘルニア」という病態になっていることが分かりました。
この横隔膜ヘルニアを治療するには、その破れた膜を縫い合わせることが必要になります。

しかし、この手術は、場合によっては、呼吸停止などの重篤な合併症を
引き起すことが知られています。しかも相手はわずか400グラムたらず。

しかし、現状をみるとこの膜を閉じなければ、長生きが難しそうに思えました。
そこで、拾われた方にその状況を説明したところ、可能性にかけて手術を依頼されました。

hernia1.jpg
全身麻酔をかけ、心電図や人工呼吸装置をつなぎ、毛刈りをして手術準備をします。
(寝ているので本人は気づいてはいませんが)見ようによっては、
可哀そうに見えるかもしれません。
しかし、こういうことを行っているのも
町の動物病院の実態の一つです。

hernia2.jpg
まったくわからないと思いますが、この子猫は、腸のほとんどと肝臓の半分が
胸部に入り込んでいました。小さいのでなかなかそれら臓器を引き出すことが大きな手では
難しい操作となりました。


そんなこんなで、悪戦苦闘、術後の管理も慎重に行いながらも、
明らかに術前よりは元気になり、たくさんのミルクも飲めるようになり
呼吸状態も改善し、1週間後に無事退院しました。






そして、その2週間後に抜糸に来院した時には、
hernia3.jpg
体重も一気に倍以上になり、ふつうの仔猫となんら変わらない姿を見せてくれました。

生命力の強さを実感する瞬間でした!

コメント

非公開コメント

Re:生命力♪

元気になってよかった。涙が出てきました。
保護して下さった方、素晴らしい手術をして下さった先生やスタッフの皆様に本当に頭が下がります。

Re:生命力♪

野良の子猫を保護して、様子がおかしいと気づき田向先生のところに
つれて来いき、そして手術受けさせることを決断された方に、ネコ好きの一人として心からの敬意を表したいです。

田向先生も、難しい手術を本当にお疲れさまでした。

術後のネコちゃん、とってもうれしそう。
これからも元気で幸せになってね!!

(^∇^)

ネコちゃん元気になって良かったです(^∇^)

難しい手術お疲れ様でした。

生命力のすばらしさに感動です♪

仔ネコちゃんの生命力…生きたいという強い気持ち、助けたいという先生やスタッフの皆さん、保護された方の強い気持ち…すべてが力になって、助かったのでしょうね(^-^)b
小さなネコちゃんの難しい手術、お疲れさまでした!!
最後の写真のネコちゃん、幸せそうです(^o^)/

仔猫ちゃん心優しい方に保護されて良かったね。
小さい身体でよくがんばりました。
手術も成功し元気になって、これから幸せがたくさん訪れますように☆
動物には人間のように欲がなく、ただただ生きることに一生懸命な姿には感動します。
つい先日ニュースで猫が公園で焼き殺されていたのを聞いたばかりで、動物虐待はなくならずそんなニュースを観るたびに腹立たしかったり悲しかったりします。なのでこのブログをよんでとても心が暖かくなりました。
先生、スタッフの皆様お疲れ様でした。
そして、仔猫ちゃんを保護された方に敬意を表します。

Re:生命力♪

初めてコメントさせていただきます。
もう感動で、目頭が熱くなるどころか、涙ポロポロ・・・。
この猫ちゃん、良い方に拾われ、腕のいい先生に遭遇し・・・これもめぐりあわせってやつなんでしょうね。
前世の行いがよかったのかも(笑)
元気で長生きしてくれることを、心から祈ってます。
↑にもあるように、むごいニュースを聞いたばかりなので、このようなスバラシイお話は、本当に心が温かくなります。

Re:生命力♪

よかったです・・・。
救える命の、尊さを、強く感じさせてくれました。
最後のケロリとした仔猫さんの表情で、安心しました。
元気に生きていってね!

猫が大好きな私にとってとっても嬉しいお話でした♪難しい手術ご苦労様でした♪やっぱり先生の手にかかれば元気になっちゃいますねっ♪♪♪V(^-^)V
猫ちゃん可愛いぃです♪(^w^)♪

Re:生命力♪

ブラックジャック!

すごい!

なんと強運なネコさん!!
保護されたことも、先生に会えたことも。

そんな酷い横隔膜ヘルニアは人では救困難ですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。