本ができるまで

未分類
09 /17 2013
時々、縁ががあって、本を書いたりすることがあります。
本を作るのは、診療や学会発表などに使う頭とは
また違った部分の脳を使うので、
時々の執筆などは、それなりに楽しくやらせてもらっています。
これが職業作家になれば、締切におわれ、
アイディアに追われ、つらいことが多いかもしれません。
(多くの場合、好きで始めたことも、仕事にすると辛くなるもの)

そうは言っても、本の完成が近づいてくると、
間違った表記はないか、言いたいことはちゃんと伝わるか、
誤解は生まないか、などなど、
素人ながらにもだんだんと追い詰められてきます。

そんなとき、密かな楽しみがあります。
hyousi.jpg
担当編集者さんと打ち合わせを行い、
自分のイメージなどを言って、表紙のデザインを考えます。
デザインは、通常1回で決まることはなく、いくつかの案を数回
出し合って決めていきます。その時は、今はメールでPDFファイルで送ってきますので
それを自分で印刷してみて「ああでもない、こうでもない」と思案するわけです。

そして、あるていど、デザインが決まったら、
hyousi3.jpg

中身は真っ白ですが、「束見本」と言って、
その本の実物大の見本を作って、
実際の本の厚さや重さなどを確かめます。

なぜ、こんなことをUPしようかと思ったのは、
今日、スタッフが掃除の時に、束見本を見つけて、
「中身が無い!!」驚いていましたので。

意外と、本ができる過程って知りませんよね。
私も自分で作るまでは知りませんでした、というより
考えたこともありませんでしたので…。




コメント

非公開コメント

なるほど~!!

いつも先生の本、楽しく読ませていただいてますが…出来上がるまでにはいろいろ大変なんですね(*^o^)

言葉って、取る人によって意味が全然違ってきたり、誤解を生んだりうまく伝わらなかったり…
難しいですよね^^;

中身が真っ白な本、見たらびっくりします(笑)

Re:本ができるまで

動物相談!して良いですか?
ニンニクって犬に良い?
あれってネギの一種になりませんか?
「あげてはいけない」と書いてある本と
「あげると良い」と書いてある本があるのでどうなってるの?
と悩みます。私はあげてはいけないと思っているのですが
犬自身のことを思うと心配です。
その本に対して少量なら良いのかと妥協しようと思っていたら
良いとなると勘違いなさる方もいらっしゃいます。
先日ホームズであった方はコーギーだったかラブだったか忘れましたが
私が蚊が多くて愛犬が心配です。と言ったら「
「オブラートに生のすりおろしたニンニクを包んで胃の奥に押し込んでいるからフェラリアの薬も要らない」と笑って自慢していました。
それを聞いて今でも思い出すと私の胃が痛くなります。
そのわんちゃんが心配です。

いい加減に書いている本もありますから
先生がきちんと目立つように書いていただければ
それが常識になると思います。
よろしくお願いします。

Re:本ができるまで

こんにちは。一冊の本には、著者さんは、もちろんですが、たくさんの人たちによって、作られているんだと思うと、どの本も、自分が出逢った大切な存在です。
田向先生の頭の中と、心の思いが伝わりますように・・・・・。
私も楽しみにしています。

束見本の厚さや重さなど見る人にとっても鞄に入れて持ち運びやすかったり、読んでても手が疲れないような重さになってるような気がします。。特に田向先生の本は~♪(^o^)/ 読んでも勉強になり面白かったです♪

Re:本ができるまで

ぴらめき~のさま

コメントありがとうございます!
いつも本を買っていただいて感謝します。
私は書くことが本業ではないので、
いつも、言葉選びで時間がかかります!

PUFFママ
コメントありがとうございます。
ニンニクですか?
多少なら問題ないと思いますが、
たくさんはよくないでしょうね。
そもそも犬は、犬なので、あまり変なものはよくないですね。
フィラリアの予防は、ちゃんとお薬でやってくだいね。
安心安全なお薬ですので!

目立つように書きたいですが、
私の本はなかなか売れないのです(涙)

さらさま

コメントありがとうございます。
もう、しばらくは本は書かないとおもいます(笑)。
しばらく、他のことに専念しようかと思っております。
40になり、いろいろ無理がきかなくなりました。

真由さま

コメントありがとうございます。
本を買っていただき、また勉強していただき
ありがとうございます。
有用な情報をこのブログでも発信していければと思っています。

Re:本ができるまで

こんにちは。お忙しい中、お返事ありがとうございます。
だんだん短くなってゆく秋を、大切に楽しみたいですね・・・。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。