スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吊り出し術

カルテ
08 /09 2013
某月某日。

ウーパールーパーがやってきました。
正しくは、飼い主さんがウーパールーパーを連れて来院しました。

ah1.jpg
何でも、水槽内に敷いていたあるモノが見当たらないそう。

そうです、誤飲です、誤飲。
犬猫をはじめ、爬虫類、両生類など誤飲が多い
ことはもうご存知のハズ。

私は今まで、いろいろな動物の胃から
実に様々なものを取り出しています。

ウーパーさんの異物は過去に何度も開腹手術で取り出したことがありますし、
このブログを昔から読んでいる方はその開腹風景を見たことがあるかと思います。

そして、今回は、カエルやトカゲで行ったことがある口からの吊り出しを試みました。

ah2.jpg
全身麻酔をかけます。


ah3.jpg
人間の耳鼻科用ピンセット(要するに穴の中を探るのに向いている?!)を使ってー。

ah4.jpg
じゃん、見事取り出せました。
綺麗なおはじきでした。




注意:簡単そうですが、全てがこの方法で摘出できるとは言えません。
   また、食道、胃などを傷付ける恐れがありますので、
   良い子は決してマネをしないでください。


追伸:大変暑い熱い毎日ですが、動物ともども体調など崩さぬよう、
   ご自愛ください。
   当院は、お盆休みはなく通常通りの診療を行っております。

コメント

非公開コメント

Re:吊り出し術

この小さな体からこんな大きなおはじきが出てきたのかと思うと、見ている方までお腹が痛くなってくるような。。。(苦笑)
何はともあれ、お腹を切らずに済むとは素晴らしいですね♪

Re:吊り出し術

よっかたですね。おはじき飲み込むなんて本人も後悔したとおもいます。
「せんせい、ありがとう。」と、言ってますね。

そんな吊り出し術もあるんですね~♪
獣医師ではないですが、勉強になりました♪(^o^)/
綺麗だからと言っておはじきなどを水槽に入れておけないですねっ☆
先生もお体ご自愛下さいねっ♪(^o^)/

Re:吊り出し術

いつもこっそりと見ておりましたが
初めてのコメントです。アメリカ在住のさおりです。
昔から動物が大好きで、囲まれながら育ってきました。
そして今もそれは変わらずです(笑)
吊り出し術ってすごいですね。この口の大きさで大きな物を飲みこんで
しまうなんてビックリです。毎日ご苦労様です!!
今年の東京は暑いようですね。どうぞお体には気をつけてくださいね。
いつも応援しております^^

Re:吊り出し術

意外と原始的な方法なんですね!笑
でも、難しそう…

暑いので先生も無理をなさらないで下さいね(*^_^*)

すばらしい~!

出た時、相当すっきりしたでしょうねぇ(笑)。
こちらのウーパーさんは大切に飼われているようで、よかったです(*^^*)

Re:吊り出し術

皆様

返信が大変遅く申し訳ありません!
おはじきとかビー玉はきっとキラキラしていて、
餌の小魚のように見えてしまうかもしれません。
ウーパーさんには何も敷かないのがベストかもしれませんね。

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。