本の話

未分類
06 /15 2013
まるで、上品な和菓子のような包み、
いったい何だと思いますか?
oldbook.jpg
神田神保町に出かけました。
神保町と言えば、言わずと知れた世界でも有数の古本街。
学生時代は、バックパックを背負ってよく通ったものでした。

お気に入りの場所に違いないのですが、
開業して以来、まとまった時間もとれなく、
なかなか行けませんでした。
というより、行く必要性をあまり感じなくなりつつあったので、
足が遠のいたのだと思います。

それには訳があり、10年ほど前から、急速にネットによる情報収集が
簡便となり、アマゾンでポチッと押すだけで、
当日翌日には品物が到着するという時代への変遷があります。

ネットの情報収集に慣れてしまっていると、なんだか世の中のことを
全て把握してしまっているような錯覚に陥っていたのですが、
今回、10年ぶりこの街を歩いた時、
自分の知っている、デジタル検索できる情報はほんとに一握りであることを実感し、
あらためて、自分の足で古書を探すアナログの奥深さや楽しさ、
古書に秘められる情報の膨大さを思い知ったわけです。

で、そこで出会った本。
『七つの短い小説』開高健(昭和44年初版)
その古書店では、丁寧に綺麗な包装紙に包んでくれるところが奥ゆかしい。

oldbook2.jpg
もう、40年以上前の本です。
この外箱、小口の色、洒落た粋なデザイン、
どれをとっても、量産されすぐに読み捨てられたりする現代の本や
デジタル書籍にはない、これから100年経っても存在感を失わない本。
今は、こういった類の本は制作に経費がかかるため、
あまり見かけません。
作者が死んでも「紙の本」として存在し生き続けることは作家冥利に尽きると思うのです。

いい本とは出会いです。
その昔、寺山修司が「書を捨てよ、町へ出よう」と言いましたが、
現代であれば、「デジタルを捨てよ、いい書に出会おう」と言ったところでしょうか…。





コメント

非公開コメント

素敵です

動物のお話し以外のお話しもたまにいいですね。神保町、行ってみたくなりました。
先生、やっぱり文章上手だと思います。

余談ですが、先生の本をお友達に貸したら小学生の男の子とご主人まであっという間に読み終えてしまったそうで、とても面白かったと言っていました。

Re:本の話

古書店というと、カビ臭くて湿っぽいイメージでしたが、
今はそんな感じあまりしませんね。

粋な包装紙で本を包む、これは素敵です。

お店の方の、本への愛情の深さが伝わりますね。

Re:本の話

こんにちは。お久しぶりです。素敵な本との出逢いは、人とひとの出逢いに、似ています。私にとって本は、やっぱり手に取りその書の重さや印刷のにおいなどを、感じながら楽しむものだと思っています。 
枠な包装紙も、ぐっときますよね・・・・。
暑くなってますが、お体ご自愛ください。

お久しぶりです!! 先日のトウレプ、お疲れさまでした(^-^)/
先生に会いたいが為に行ったのに…あまりの人の多さに子ども達がダウン(泣) 急遽 水族館へ。 トウレプに戻ったら先生のトークショーは終わってました(T-T) ムツゴロウさんにはお会いしてきましたよ(笑)


趣味 読書の私としましては、お金とスペースの都合上 専ら図書館でお世話になってますが、気に入った本は買って手元に置きたいですね(*^-')b

Re:本の話

素敵な本ですね。その昔A社で働きながらも「本は本屋で買うものだ」などと愛社精神に欠ける発言をしておりました。本の装丁がきれいだと、それだけで手元に置きたくなりますよね。
それにしても本も素敵ですが、それだけお忙しいのに本を求めて古書店に赴く先生って素敵ですね!

Re:本の話

 
なにかいい時間お過ごせたかな?
と思っておとなしく待ってたけど・・・
内緒なのかな~e-454
もしまだだったら今からでもお祝いをーe-224
今年もお元気にお過ごしお祈りです

 

☆☆ 7 月 14 日 ☆☆

遅れ馳せながら…♪ (^^ゞ

『 田向先生 40才のお誕生日

おめでとうございました~(*^^*) 』

これからも先生らしく…♪

頑張ってくださ~い(*^▽^)/★*☆♪

影ながら応援しています☆☆

Re:本の話

皆様

たくさんのコメントありがとうございます。
また、誕生日のお言葉ありがとうございます。
いよいよ40歳になりましたが、
歳に負けないように日々大切にしたいものです。
健康にも気を付けなきゃ、とおもうこの頃です。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。