スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんがえる

カルテ
11 /30 2012
当ブログ始まって以来の、
もっとも少ない更新月になってしまいました。
いろいろ、バタバタ、セカセカしておりまして、
どうもすみません。

きょうの動物は、平和の国オーストラリアの使者、カンガルーです。
急に立てなくなってしまったとのことで来院しました。

血糖値を測定したところ、犬猫の正常値の10分の1しかありませんでした。
カンガルーの血液正常値はほとんど報告がないのですが、
同じ哺乳類としては、どーみても低血糖と判断されましたので、
点滴で治療することに。
kangaroo3.jpg
あったか入院室で、うとうと点滴を受けるカンガルーさん。

kangaroo4.jpg
元気が出てきたら、点滴をカジカジかじるので、
犬用エリザベスカラーを付けることに…。

こういった動物の治療は、これが正解という教科書がありませんので、
日々の変化をとらえ、それに対応をしていくこということになります。
考えることが大切ですね。

コメント

非公開コメント

初めまして、豺狼と申します。

か、カンガルーですか・・・毛色が赤なのを見ると雄なのかな?
はやく退院出来るといいね。

Re:かんがえる

カンガルーも来院するんですね…∑(゚Д゚)
いやもうさすがにびっくりはしません(笑)
あり得ない動物を診療するってカッコイイですもんねっ
これからもどんな動物にも怯まず治してあげてください!
私もいつか…(´∀`*)ウフフ

Re:かんがえる

カンガルーちゃんだ(*^_^*)
ペットのカンガルーちゃんですか?
かわいいですね~

カンガルーまで治療すごいですね^^
もう何が来ても怖いものなしですね☆

カンガルーですか  動物園から来たのか 一般家庭で飼われてるのか…どちらにせよ、やはり先生すごいです 
カンガルーさんのセクシーショットですね 早く元気になりますように 

すごい!カンガルーも入院するんですねっ☆(^o^)/
カンガルーの点滴は人間用のを使ってらっしゃるのですか?☆
さすがに おうちでは飼えないですよね~? 飼ってらっしゃる方 今までいらっしゃいました?
(・◇・)?

Re:かんがえる

考える事が、できることが、人間のいいところですよね?
それぞれの人たちまた、動物たちにとって何がしてあげられるか・・・。カンガルーさんは、何かかんがえているのかな・・・?

田向先生のブログ 拝見させていただいている者です☆
先生のブログめちゃくちゃ楽しいです☆マニアックネタ・シリーズ楽しみにしております!♪☆
お仕事頑張って下さい☆♪(^o^)/

Re:かんがえる

点滴後の表情が、明らかに違いますね!
耳も元気よくピーンとしてるし。
ホントかわいらしい!

Re:かんがえる

はじめてコメントいたします^^

かんがえるチカラでカンガルーも治していらっしゃる先生はさすがです!
心配症飼い主は、見慣れない症状があるとすぐ先生に頼ってしまって
いつもお世話になってしまいます><
先日診て頂いたヒョウモントカゲモドキはまた脱皮して
今度は一層ヒドクお肉が丸見えになってしまいました(; ;)
生き物を飼っていると、いろんなことがありますが
先生に頂いたアドバイスを思い出して
私もかんがえながら飼育を続けて行こうと思います(*^^*)/

またコメントしました

先生またコメントしました。
カンガルーを飼う人がいるんですね。おどろきです。たいへんですかね?

Re:かんがえる

カンガルーまで来院するんですね!
個人の方が飼われているのでしょうか?
近くに動物プロダクションでもありますか?
(あの辺りでは無いと思うのですが…)
カンガルーだけでなく、一般的にペットとしてはあまり飼育しない動物も
来院されるようですし。
改めて先生はすごいです!!!

かわいい!

治療中だというのに、カンガルーがなんだか気持ちよさそうに見えますね(笑)。

Re:かんがえる

カンガルーまで!
びっくりです、ほんとにww

Re:かんがえる

こんにちわ。
こんなにアップでカンガルーの顔を見た事がなかったのですが
おっとりしていて可愛いですね。
早く良くなってくれる事祈っています。

Re:かんがえる

皆さま

たくさんのコメントありがとうございます!
遅くなって申し訳ございません。
まとめての返信おゆるしください(あやまってばかり…)

このカンガルーは無事退院して元気になりました。
そうですね、考えること、動物の立場に立って考えることが
治療でもなんでもいちばん大切なことだと思っています。
でも、そこがいちばん難しいことでもあるのですが。

動物が元気になれば、私も元気をいただきます。

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。