難しさは

カルテ
10 /06 2012
いろいろな動物のいろいろな手術をしてきましたが、
腫瘍外科は、同じものが二つとないので、
そのつどそのつど作戦を変えないといけません。

しかし、やる前から作戦を練るのではありません。
(なぜなら、メスを進めているうちに腫瘍の見え方が変わってくるからです)
よって、メスやハサミをいれつつ、柔軟に臨機応変に
敵(腫瘍)を体躯からサヨナラしてもらわないといけません。

そして、うまく腫瘍にサヨナラできても、
切り取った部分を最後に皮膚で覆い被せないとフィニッシュになりません。

巨大な腫瘍の場合は、腫瘍を切除するより、
皮膚の再建のほうがはるかに難しいことがよくあります。

今回の症例はこちら。ラットちゃん。
体側に巨大な腫瘍。
(ここにおいては、なんでここまで、
などと野暮なことは言わないでください。)
rat1.jpg
これ、取れるんか、と正直な気持ちでした。
もちろん術中死、術後死も十分に考えられました。
なんせ、この中にも有象無象の血管、血液が入っていますし。

以下術中写真ありです。注意。







rat2.jpg






腫瘍はなんとかサヨナラしましたが、
体の皮膚の約1/3を失いました…。
ちゃんと皮膚を寄せれるか大きな大きな課題でした。

裁縫の型紙、紙箱の展開図よろしく、
あっちに切れ込み、こっちに切れ込みいれて、
皮膚を引っ張ったり、ずらしたりして覆っていきます。
50針以上縫いました。


1週間後
rat3.jpg
術前より元気になりました、と嬉しい報告を受けました。


何が言いたかったといいますと、
場合によっては、摘出よりも縫うほうが大変だということです・・・・。

コメント

非公開コメント

Re: 難しさは

田向先生、お疲れ様でございました。
今回の記事で腫瘍の摘出もさることながら、
いかに皮膚の再建が難しいかがわかりました。
お医者様の鋭い感性がものをいう手術なのですね。


大変な手術をよくぞがんばりました。
えらいぞ、ラットちゃん!
元気になってほんとよかったね!

Re: 難しさは

ついつい腫瘍の摘出が難しいのかと思っていましたが、
縫合のほうが難しい場合もあるのですね!
50針とは、途方に暮れてしまいそうな作業ですね…
しかも、迅速に正確に縫わないといけませんもんね~
お疲れ様です(*^_^*)

Re: 難しさは

小さなカラダで、よく頑張ったね!

3枚目の写真、ラットちゃんのクリクリおめめを見たら、
ちょっとウルッときちゃいました。

尊敬します先生。

先生のブログ見てると
私もこの仕事に絶対について動物達を助けたい!
と思います。

手術お疲れさまでした!
これからも頑張ってください!
ずっと応援しています;-)

先生、いつもお疲れさまです!!
いろんな動物にいろんな病気があるんですもんね… そのすべてを見極めて正しい対処をするのはとても大変なことだと思います。
このラットちゃんも小さな体で頑張りましたね!!

Re: 難しさは

よかった。せんせいありがとう・・・。

Re: 難しさは

ついつい野暮なことを言いたくなりますが…(苦笑)
あの小さな体に50針とは、たとえ普通に縫うだけでも大変だと思います。
こういう状態でもあきらめず治療に挑戦する田向先生は凄いです。

Re: 難しさは

田向先生、スタッフの皆さま。アカミミカメのマクロバクテリウム腫瘍の切除・入院では、皆さんに計四回もお世話になりました。本当にありがとうございます。
今回腫瘍摘出つながりでメールさせて頂きました。
うちのカメ「かめじゃらし」はその後元気一杯です!先生の綺麗な縫い目は今やチャームポイントです。
日本中にあふれる外来種の困ったちゃん=アカミミカメではありますが、うちでは生涯飼い続けます。
よくみると、オスなので爪は長く、アカミミもイエローラインもカッコイイ。ウロコ状に似た皮膚?も。
特にこの夏、回復してからカメ必須の日光浴に励んだせいか、甲羅もつやつやに戻りまして、我が家を元気に闊歩しております(勿論、給餌の内容とこまめな給水には十分気をつけていますが)
お礼まで。メールさせて頂きました。

Re: 難しさは

田向先生お返事を待っていたのですかv-12

Re: 難しさは

初めてコメントさせていただきます。
神奈川で勤務している1年目の獣医師です。
よろしくお願い致します。

切除に踏み切ったところがすごいと思います。
皮膚はどのようにもってきたのですか?

Re: 難しさは

「アニマルクリニック」という番組で、イギリスの獣医師さん達が犬猫からエキゾチックペットまで診察し、動物の難病と戦う現場の様子を映す、というのがあるんですが、そこでも、前、犬の頭の皮膚病で、皮膚を胴体のほうから持ってくる、という手術方法がありました。
その手術方法と一緒ですね。
元気になって良かったです(´∀`*)

Re:難しさは

皆様

たくさんのコメントありがとうございます。
こういった症例は、すこしチャレンジなんですが、
完全な冒険でもないのです。
ある程度、勝算があってのチャレンジになります。
その自分との駆け引きがとても難しいですが。

皆様も、仕事や生活で、いろいろな困難なことにぶつかるかも
知れませんが、すぐにあきらめずにやっていくと
あたらしいことが見えてくるかもしれませんね。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。