戌!

動物
09 /24 2008
最近、患者様から、先生のブログ、珍獣や爬虫類などのゲテモノばかりだ!
とご指摘を頂くことが多くなりました。
それはそれで、私にとって褒め言葉なのですが、本業の方も。

今日は、1回目のワクチンに来ていただいた
ミニュチュアダックスフンドの五つ子ちゃんです。
移動の疲れで、みんな少し目がすわりぎみ。

日本には安産の願いを「戌の日」に行う慣わしがあります。
分娩が軽く、たくさん子供を産む犬は、
昔からお産の守り神として人々に愛されてきました。

しかし、最近のわんちゃんたちは、小型化や改良化が進み、
必ずしも「安産」ではなくなっています。
帝王切開になってしまう子もしばしばです。
犬=安産、の図式は将来においては神話化しそうです。


duch_20080924110327.jpg
(※この子達は、自然分娩でした!)

コメント

非公開コメント

いつもありがとうございます^^

確かに目つきの悪いヤツがいますね(笑)
いつもお世話になり、本当にありがとうございます。
その後、アレルギーも出ず昨日は静かに寝てくれました。
でも、それで体力を温存したのか、今朝はもうみんな元気に
悪ガキやってくれてます。
パワーアップしたような気もします(トホホ)

皆様、コメントありがとうございます!

Nagasawaさん

いつも遠いところ、連れてきていただきありがとうございます。沢山いると、かわいいのはもちろんですが、いろいろと大変かと思います。
これからも、愛情たっぷりのわんちゃんに育ててあげてください。

ころ飼いさん

いつも、楽しいコメントありがとうございます!
わんこが難産系になった現代、これから、
安産祈願は「兎の日」にするよう発信していきましょうか!


田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。