重い想い

カルテ
03 /30 2012
先日、福島の避難区域から引っ越しをした方が、
犬を連れてがやってきました。

震災直後は、仮設住宅に犬を連れていくと、
なかなか受け入れてもらえず、
車の中で、犬とともに寝泊りを繰り返したと
言っていました。

そのワンちゃん、実は、耳に大きな腫瘍を持っていて、
いつもジクジク出血するので、
それだけでも、どうにかならないものかとの相談でした。
scc0.jpg
しかし、このワンちゃんというのも、
大きな問題があって、16歳という高齢で、歳によるものか、
後ろ足にうまく力が入らない感じで見るからに弱っていました。


もちろん、腫瘍は腫瘍で取ってあげたいのはやまやまですが、
それ以前に、手術に耐えられるかが壁になりました。
scc1.jpg
さらに、耳(耳介)を残してほしいというお話でした。
(こちらとしては、耳を切断したほうが、手術時間も短く済むし、皮膚の整形も簡単なのですが)
(飼い主様は、犬の余命はいくばくもないのは理解しているので、
腫瘍の根治的手術ではなく、せめて耳は残してあげて、ジクジクとした状態の改善をお願いされました)

さすがに、こんな八方塞がりな状態で、
かなり悩みましたが、
頑張れば、なんとかなるかも知れないという
根拠に乏しい私の妄想?と飼い主さんの強い強い想いを受けて、
長時間にわたる説明とご理解のもと、執刀することになりました。

scc2.jpg
なんとか、耳介を残すことができ、うまく皮膚を縫合することができました。

3週間後、ジクジク感もなく、本人も快適になったようで、
元気になりましたと来院してくれました。
scc3.jpg
正直、かなり、追い詰められましたが、
それも、すべては、飼い主さんの強い思いが後押ししてくれたのだと思います…。




コメント

非公開コメント

Re: 重い想い

 
せんせぃ、すごいよぉ~v-356
声が出ないおぃらでも
大声あげて泣きそうだよ
なんだかありがと
です。


 

Re: 重い想い

すごい、の一言です。
そうやって、動物と飼い主さんといつもいつも共に闘っているんですね…

先生もくれぐれもお身体大事にして、これからも沢山の動物と飼い主さんを救ってあげて下さい。

以前健診していただいたうちのリクガメ君は今のところ元気に成長していますが、何かあった時にはよろしくお願いします。

Re: 重い想い

もう、泣きそうですよ~(〒_〒)

先生の技術、
ワンちゃんの頑張り、
そして飼い主さんの思い、
この3つが一緒になったときのパワー、
すごかったと思います。

元気になって、本当によかったですね。

飼い主様の愛情、そして先生の前向きなお心、スタッフの皆さんの力を改めて感じ感動しました。
わんちゃん長生きしてね!

田園調布動物病院に出会えて私たち家族は命の尊さを感じ生きています。
先生、格好いいですよ!


はじめまして!

私は先生のイヌ、ネコからカエルや金魚まで救う先生の考えにとても共感し、先生をとても尊敬しています。

これからもこのような動物の命を一つ一つ救っていってあげてください!

Re: 重い想い

大変な手術よくがんばりました!えらいぞ、わんちゃん!!
きれいに治ってよかったね。

田向先生、本当にお疲れ様でございました。
これからも病気や怪我で苦しむ動物と
飼い主さんたちのために、お体に気をつけて
どうぞがんばってください!

Re: 重い想い

一枚目の写真衝撃的でした。
一字一字、読ませていただきました。
先生の苦悩が読み取れます。
大変な手術、御苦労さまでした。
飼い主さんの想いを大切にされているんですね。
わんちゃんと飼い主さんのこれからが良きものになりますように☆

一枚目、二枚目の写真、衝撃的でした きっとワンちゃんも痛かったでしょうね でも、飼い主さんの熱い思いと先生の素晴らしい技術で、すっかり綺麗になりましたね いつも先生のブログや著書を読むたびに、もしうちの犬がそうなったら…うちのケヅメがそうなったら…私はどんな判断をするんだろうかと考えさせられます。実家で飼っていたハスキーに腫瘍ができ高齢でオペもできずに安楽死を選択した両親が号泣してる姿を見た時に、どうしたらいいのかわからなくなりました。きっと先生が近くにいてくれたら、駆け込んでいたと思います。 長々とすみませんでした

Re: 重い想い

いつもブログと本を拝見しております。

我が家でも同じようなことがありました。
18歳の猫でしたが・・・。
かかりつけの先生は「高齢」ということで
飲み薬と消毒薬で対応されました。

昨年の震災後でした。

Re: 重い想い

普通は断耳したほうが良いと思いますが、耳介を残すってまた無茶な懇願に立ち向かった先生はすごいですね。
立ち向かっただけでなく、結果を残してる所も素晴らしいです。

Re: 重い想い

凄いの一言です、スゴイ

Re: 重い想い

皆様

たくさんのコメントありがとうございます。
まとめての返信ご了承ください。

治療ややり方は、先生や飼い主さんの考えで
いかようにもなります。
しかし、実際に治療を受けるのは、動物自身ですので、
動物にとって一番いい方法を客観的に模索することが
大切だと思います。

でも、この子も元気になって本当に良かったです。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。