スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎも

カルテ
02 /29 2012
当院では、うさぎの診療を積極的に行っていますが、
高齢化に伴い、やはり、うさぎも腫瘍が増加しています。

特に未避妊のメスは、子宮や乳腺の腫瘍がよくおきます。
ここでおさらいですが、腫瘍とは、イコール、ガンではありません。

腫瘍は簡単にいうと、「できもの」です。
その中で悪性のものを、通称、ガンと呼びます(厳密にいうと、ホントはもっとややこしいのですが)。
ですから、腫瘍ができた、というだけで、それほど悲観することはありません。
それが、ガンかどうかが一つのポイントです。

うんちくはさておき。

うさぎの乳がん。
rabbitmgt.jpg

乳がんは乳腺組織にできるので、
一つできると連なってで出来る傾向にあります。
よって、あまり、その数が多い場合は、ほとんどの乳腺を取ることになります。

rabbitmgt2.jpg
この子も、あまりにしこりが多かったため、全摘を選択されました。
無事、長い手術も耐えて、今は元気に暮らしています。

一昔前まで、うさぎは全身麻酔をかけると死んでしまうのでやめるべき、
という考えが多かったのですが、
獣医学の進歩(検査や薬剤や麻酔などの研究、向上)によって、
適切に、体の状態を把握することで、
よくわからず、踏み込めなかった病気を治療できることがあります。



しかし、この子がうまくいったから、他の子が大丈夫とは限りません。
そのためには、早期発見と見極めがとても重要だと思います。

今日は雪で、すこしスローだったので、長くなりました!



コメント

非公開コメント

先生 こんばんは 風邪はどうですか 治りましたか 今日は雪が降り、寒かったですね ところで、うさぎサンは寂しいと死んでしまうというのはホントなんでしょうか? 今はうさぎサンもいろんな種類がいますよね 機会があれば飼ってみたいです

Re: うさぎも

こんにちは☆
うさぎさんの事ということでとても興味深く拝見しました。
直せるようになった事そして出来ることが増えた事はうれしいかぎりです。
私も早期発見のため日々うさ達の健康状態に気をつけたいです☆

Re: うさぎも

うさぎさん本当にがんばってくれましたね・・・・。
先生とうさぎさんの気持ちが、伝わって手術が、成功したんです!
私も、とてもうれしいです。ありがとうございます!

Re: うさぎも

先日は大変お世話になりありがとうございました。
3年半前に先生に命を救っていただき、先生のおかげで3年半長く昨日まで一緒に過ごすことができました。
本当にとても感謝しております。本当にありがとうございました。
これからも、たくさんの可愛い動物たちのお医者さんでいてください。

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。