スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続き.その参

動物
09 /19 2008
ボートは細くなった小川を行く。

しばらくした後、小川は川幅を急に狭めた。
これより先、ボートは進入できない。
ボートから一旦降りて、今後は、ジャングルトレッキングになる。

見たことも無いような奇妙な植物ばかりだ。
tuta.jpg


ここは、動物達のサンクチュアリ。
侵入者であってはならない。
動物達の怒りをかってはいけない。

足元が悪いため、どうしても地面ばかり見て
歩くことになってしまう。

頭上にも後ろにも、誰かの眼が光っているかもしれないのに。

ふと、足元に、ナウシカの王蟲のような物体が。
tamayasude1.jpg

手にとってみる。
tamayasude2.jpg

丸まってしまった。ダンゴムシだ。、
日本のそれは、あずきくらいの大きさなのに、
ここでは、ピンポン玉くらいある。
森のお掃除屋さん。

※タマヤスデ
  厳密にはダンゴムシとは異なる。
  暗褐色で、ずんぐりした体型のヤスデ。
  頭側末端の節の形態で、ダンゴムシと区別する。
  林内の朽ち木の下など、湿った場所で見られる。
  
 


コメント

非公開コメント

v-47いよいよ陸に上がって探検開始ですね!

いきなり蛇のような妖しい魅力を漂わせる草に遭遇したのですね。まるで「動物達のサンクチュアリにつき注意!」と表している看板みたいです。

先生がその場の生き物達に細心の注意と敬意を払われていることに、とても感銘を受けました。私も雑木林とかを歩く時は見習うようにします。

私はヤスデとかムカデの類は苦手なのですが、このヤスデは丸くて可愛らしいですね。熱帯だと巨大化するのか、大きいんですね。

ところで先生は、この時どのような格好で行かれたのか気になります。冒険映画に出てくるようなカーキ色の半そで半ズボン(ボーイスカウトみたいの)だったのでしょうか、それとも農家の方が雑木林の伐採をするときのような長袖長ズボンに手袋とマスクといった完全武装だったのでしょうか。なんかヒルとかいろんな虫が多そうな所ですね。

ダンゴムシ

ダンゴムシって子供のころ「便所虫」と呼んでいる人がたくさんいました(笑)。
子供のころは目線が低かったのでダンゴムシを道端で見つけると触ったり可愛がっていたものですが、虫が苦手になってしまった今ではもう無理かも・・・(-_-;)。

今日はころたんの診察&爪切り(&うさ友認定)をありがとうございました♪
私は病院に六郷用水~多摩川園から自転車で来るので、あのテニスコートの心臓破りの坂の時点で毎回2~3度は死んでいます。
病院に着くころには亡骸になっています(笑)。
今日は連日の疲れもあり、いつもより往路がしんどかったです~~。ふぅ。。。
髪の毛なんかも雨の湿気と汗でしっちゃかめっちゃかになってしまい、うっうっ、晴れの日にいけばよかったと涙々です・・・。
そんなわけで診察室で倒れこんでしまった私を優しく救ってくださり本当にありがとうございました(←うそ)。

でも、休みの日には革ジャン&サングラスでハーレーを乗り回し、海へ山へと繰り出しているというハードボイルドな先生の意外な一面を知り、大変興味深かったです(^-^)。
やはり昔の硬派な刑事ドラマに出ていた俳優さんに似ている2枚目な先生は違いますね。

あ、最後にこれだけは真面目に・・・。
今日、爪切りのほかにころたんのお尻の臭腺の汚れがかさぶたみたいになってしまっているのでお掃除してもらいたかったのですが、先生のミステリアスな面を解明するのに夢中になってしまい(?)、すっかり忘れてしまいました。
なので、来月あたりまた行きますです。
あ、さっさと帰りますから安心してください(爆)。

カエラーさん

コメントありがとうございます!
ジャングルでの格好は、化学繊維で出来たTシャツ、
同じく化繊のズボン、トレッキングシューズ、真っ白な汗拭き(手ぬぐいともいう)、デイパックを背負っています。
化繊は、濡れてもすぐに体温で乾いてしまうからです。

数時間あるくだけで、足にヒルくっつきます。
ヒルよけスプレーは必須です。

ころ飼いさん

コメントありがとうございます!
いつも、額に汗して遠方より連れてきていただき、
ありがとうございます。愛情を注がれた動物は必ず
長生きします!
えっと、あと、皆様がイメージ間違えると困りますので。
一応、訂正しておきます。
革ジャンにハーレーとは!!
まったく、そっち系の人間ではありませんねぇ。
本当は、そうだとカッコいいんですが。
夏は、Tシャツにジーンズしか着ませんね。

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。