スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時には釣り師

カルテ
09 /03 2011
動物病院は、動物の病院なので、
動物を診ます。
自分の飼っている動物がおかしかったら
動物病院へ連れて行こう、と思うのも至極当たり前の発想です。

でも、飼っている動物だけでもありません。

先日。
「せんせ!こんなの釣れました!どうにかして下さい。」
ということで、こんな状態で連れてこられました。

kameturi1.jpg

「ひー」と私。

糸を辿ると……。
kameturi2.jpg
「オー、釣り糸が口の中に入ってる…・」

ということは、
ということで、レントゲン撮影、カシャ♪
kameturi3.jpg
「アッ。やはり、釣り針が…・」

ということで、釣り師な私は得意の針外し!
kameturi4.jpg
無事、摘出(?)完了!

それにしても、
魚釣りをしていて、魚の釣り針を外すのは「釣り師」の仕事。
これがカメになると獣医の仕事??
その境界線はどこにあるのだろう。ふと思ってしまいました。
でも、必要とあれば、なんでもやります。

コメント

非公開コメント

Re: 時には釣り師

あら痛そう><;
でも釣った方が優しい方で、亀ちゃんも不幸中の幸い?ですね。
釣り針と野生動物…どうしても嫌な出来事ばかり思い浮かぶものですから、こういった方がいることは嬉しい話です(^^)

台風が来てますが、先生のご身辺は大丈夫ですか??

Re: 時には釣り師

「ちっとも痛くありませんから」的な顔してますね、
2枚目の画像(^^)

それにしても、見事にパックリいちゃってますね~。
豪華な餌が付いていたのかしら?

Re: 時には釣り師

この前、待合室であったカメ殿かな??(カメ殿はダンボール箱の中)
看護婦さんの問いに、カメさんの種類も不明、名前はナシで釣り針飲んじゃったと言う会話が聞こえました。動物病院初めてのような飼い主(?)さんでチョコット居心地悪そうに座ってらっしゃいましたが、釣ったカメが釣り針を飲んだからとすぐに病院に連れてくるとは、優しいお兄さんだなあ・・と我輩は感心して聞いていました。
その後どうしたのかなあと思っていたのですが、無事取れて良かったであります。

Re: 時には釣り師

自称動物バカさま

いつもコメントありがとうございます!
そうですね、ミドリガメというと遺棄の問題が多い中、
この飼い主さんは、これから飼うとおっしゃっていました。
捨てる人がいれば拾う人もいるのですね!

Lecker!さま

いつもコメントありがとうございます!
確かにやせ我慢的な顔。
餌は、ザリガニを釣っていたようで、
スルメと聞いております!

ナオキチさま

いつもコメントありがとうございます。
この子は翌日元気に退院しました!
いまごろ、水槽でおいしい餌をたくさんもらって
いるのではなないでしょうかね。

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。