昨日の続き,その弐

動物
09 /17 2008
そのとき、後方で、ばさばさっと、大きな鳥の羽音がした。

一瞬、陰になったと思ったら、
ボートの進行方向に、大きな鳥の影が飛び去って行くのがみえた。

その巨鳥は甲高い声をあげ、ふわりと一瞬舞い上がり、
川岸に突き出た木の枝にとまった。

すかさず望遠カメラでその影を追った。
ファインダーに写ったのはサイチョウの姿であった。

サイチョウの「サイ」は、アフリカに住むあのサイのこと。
大きく鋭いクチバシ、さらにその上に朱色の捻じ曲がった大きな角、
白く美しい長い尻尾。
その堂々たる姿に、魅了され、しばらく身動きが出来なかった。

horndbill.jpg
(望遠撮影のため、ぶれています。すみません)

※サイチョウ 英名:Rhinoceros Hornbill 学名Buceros rhinoceros
  マレー半島からボルネオに生息する大型鳥。
  熱帯雨林に生息し体長80~90cm、体重2~3kgになる。
  主に、果実、小動物などを食べている。
  頭が良い鳥とされる。


コメント

非公開コメント

サイチョウ

は、80~90センチ?
で、でかっっっっっ!!!
目の前で翼を広げられたらびっくりするだろうな~。
角があるのも不思議ですが、形が面白いですね。不思議不思議~~~~。でもキレイだなぁ。。。
しっぽのバイカラーもおしゃれ。

v-532鶏のトサカと違って、この鳥には角があるのですね。初めて知りました。

それにしても南国の生き物って、色鮮やかなものが多いみたいですね。敵を威嚇するためなのか、異性の気を引くためなのか私にはわかりませんが、比較的地味な日本の本州の生き物達とは対照的で、面白いなあと思います。

こんばんは(^-^)
毎回、更新されるのを楽しみにしています(*^_^*)
クチバシの色がきれいなサイチョウは初めて見ました!
以前に「サイチョウは賢い」とテレビで有名な獣医さん(ご自身が飼ってらっしゃる)がおっしゃっていたので、動物園で見かけたりすると、ついつい話しかけてしまいます。
ジャングルは憧れます~!
国内の西表あたりでもよいので行ってみたいです~。
神奈川テレビやMXテレビの夜に再放送をやっている「水曜どうでしょう」ってご存知ですか?
マレーシアのジャングル探検の企画の時(DVDを友人から借りました)は見ていてワクワクしました~!
これからの記事が楽しみです!!!

先生も、やはり蘭がお好きなのですね(^-^)
私も入り込むと大変だと思い、かなり我慢しています(;_;)
けれど1番好きな蘭であるネジバナだけは手放せませ~ん。
ラン展は死ぬ前に(?)は是非、一度は行きたいです~!ドームの中を歩き回れるか、その後、家までたどり着けるかが課題なんです(;_;)
聞く所によると、販売コーナーで買わずに帰るのはかなり忍耐力が必要だとの事ですね(^-^)

皆様、コメントありがとうございます。

熱帯には、沢山の動物が生息しており、
どれも興味深いものばかりです。

野生に生きる生物を知ることは、
飼育動物にも還元できます。

もし、ジャングルに行きたい方は、
コーディネートしますので、ご相談ください(笑)。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。