スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある動物の歴史

動物
06 /21 2011
この動物を知っていますか?
chinchilapair.jpg
このブログを見に来てくれる方のほとんどは
ご存知かと思いますが、意外と、知られていない動物。
それがチンチラです。
チンチラとは、げっ歯目のチンチラ科に属しており、
ヌートリアやモルモットなどと近縁げっ歯目の仲間です
ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチンにまたがるアンデス山脈の
標高4500メートルまでの寒冷な高地に分布しています。

そんな寒冷な過酷な生息環境に適応するため厚い被毛を持つようになりました
その美しい被毛に目をつけたのは先住民族であるインディオの人々でした。
保温効果の高いチンチラの毛皮を主にコートや衣服として用いていました。

1500年代に入り、スペイン人は、この地を制圧するときに
インディオたちが身につけているこの美しいチンチラの毛皮に目を付けました。
チンチラの毛皮をヨーロッパへ持ち帰ったところ、
たちまち王族に珍重されたことから、捕獲が始まってしまいました。
毛皮のコートを作るために乱獲を続け、
1900年代初頭には一時的に絶滅の危機に追いやられることがありました。

ペットとしての最初のチンチラ飼育は、
1918年にチリで鉱山技師として働いていたチャップリンという男が、
インディオから1頭のチンチラを譲り受けたことに始まったといわれています。
チャップリンはチンチラに魅了され、
1923年に3年がかりで集めたチンチラ11頭をアメリカ合衆国へ持ち帰ることに成功しました。
その後になってチンチラの繁殖に成功し、その11頭が元親となって世界各地へ輸出されることになりました。

というわけで、この写真のチンチラもチャップリンの恩恵を受けて
この世に存在しているのです。
チャップリンありがとう!
(って、顔も知りませんが。。。)


コメント

非公開コメント

Re: ある動物の歴史

知ってますよ~♪
この子たちは先生のペットですか??
顔もキュートですネ!
でも真夏はちょっと暑そう…
できれば冬に会いたいです(笑)

Re: ある動物の歴史

わぁ♪可愛らしい♪

我が家にも複数おります。
一番年上は13歳,まだまだ元気です。

電力不足の夏をどう乗り切るかが,日々の課題です‥。

Re: ある動物の歴史

チンチラの毛って、すごーくきもちいいですよね!!
友達のチンチラちゃんを触ろうとしましたが、触らせてくれませんでした。。。警戒心が強い動物なんでしょうね。

ところで、先生の家には何匹の動物がいるんですか??

Re: ある動物の歴史

この前、先生の病院の待合室でお会いしましたぞ。優しそうなご夫婦にスゴ~ク優しく話しかけられていて「大事にされてるんだんな・・」と見てました(^^)

実は、最近までウサギの仲間だと思っていたのでした。

長生きなのでありますね!

Re: ある動物の歴史

チンチラちゃん ごめんなさいm(_ _)m

私もナオキチ様と同様 うさぎの仲間だと思ってました(汗)
チンチラちゃんもアンゴラちゃんもそう思ってました。。。

Re: ある動物の歴史

ウチの子たちの親戚みたいなものですね
とても可愛いです
私からもチャップリンさんにお礼を言わせていただきます

Re: ある動物の歴史

チャップリン…某有名コメディアンを思い出してしまいます(苦笑)

チンチラはどんくさそうな外見から想像もつかないほど俊敏なんですよね~。
いつか飼いたいです!

Re: ある動物の歴史

皆様

たくさんのコメントありがとうございます。
この子たちは私のペットではありませんが、
5年ほど前までチンチラを飼っていました。
ナツメグという名前でした。
そう、見かけによらず、ジャンプが得意で
ピョンピョン跳ねるんですよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。