スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の紹介2冊

未分類
04 /02 2011
図書館ニュースに関連して…?

本来、外に向かって動いているのが好きなのですが、
こういった仕事をしているとなかなか
野外へ出かけて内なる心を震わすことが出来なくなりました。

ですので、寝る前のひとときに本を読んで
頭の中だけでも大自然の冒険へ出かけます。

この2冊はともに自然を舞台にかかれたノンフクションです。
『空白の五マイル』 角幡唯介 集英社
『凍』 沢木耕太郎 新潮社

山や河の中で壮絶な状況に追い込まれながらも、
圧倒的な精神的パワーでピンチを脱します。
book2.jpg


「山なんて、なんで、わざわざ死んじゃうようなところへ行くの?」
と思っている方は読んでみるといいかもしれません。
冒険家の内なる衝動を垣間見ることができると思います。

登山の専門用語も出てくるので、読み込むのに少し
難しいかもしれませんが、それを差し引いても充分楽しめるのではないかと思います。

お時間のある方はぜひぜひ…。



コメント

非公開コメント

Re: 本の紹介2冊

どこまでも自然ラブなんですね!
先生らしいです。

私も読んでみます♪

Re: 本の紹介2冊

「山なんて、なんで、わざわざ死んじゃうようなところへ行くの?」と思っている方は・・・

あ、すいません。私もそう思っちゃう方です(苦笑)
男の冒険心やロマンは解るけど、それでも危険を冒すことに理解できないのは女性と男性の違いでしょうか?(^^;)

Re: 本の紹介2冊

舜さま

コメントありがとうございます。
読んでみて是非感想を教えてください!


自称動物バカさま

コメントありがとうございます。
あ、そうですね、男と女の違い、
確かにあるかもしれません!
男のロマンですかね、やっぱり…。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。