スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ~

カルテ
03 /21 2011
sarumasui.jpg
もう、好きにしてください!

とでも言っているような感じです。
手術前のオマキザル。


sarumasuigo.jpg
開腹手術後のワンショット。

真猿類は知能も高く、手先も器用なので、
手術後の縫った糸をホジホジいじりますので、
縫合には細い糸で丹念に縫い合わせます。
サル手術のちょっとしたコツです。

コメント

非公開コメント

Re: あ~

お疲れ様です。

おサルさんは動きが速いから
麻酔かけるのも大変なんでしょうねぇ・・・。

ほんと、お疲れ様でした!!

Re: あ~

お疲れ様です。
人みたいですね!
獣医さんも人の手術できそうですね。
逆にサルの手術も人の病院で出来るような…
すいません(汗)何だかよくわからない事言ってしまいました。

とにかく素晴らしかったですv-238

オマキザル!!

こんな強くて大きなお猿さんを飼ってる方がまだいるのですね。
うちは小型元猿でも手一杯なのに。。。(苦笑)

しかし、こんな変わった動物まで診てくださる先生がいるっていうのは、とっても心強いですね。

そして、こんな変わった動物の治療に携わることが出来るスタッフさんが羨ましいです。。。(笑)

先生にどうしてもお聞きしたいこと

コメント欄へ勝手に質問して申し訳ありません・・

ここ数日、放射能の水質汚染が報道されていますが、動物の飲み水について先生はどうおもわれますか?

犬猫は大丈夫。と書かれている記事は多数みかけるのですが、爬虫類に関しては全く情報がなくほんとに困っています。

私は二歳になるクビワトカゲを飼っているのですが、人間には問題ない汚染量でも体の小さい爬虫類にとっては致命傷になったりするのでしょうか・・

ミネラルウォーターは結石になるからだめだ。というのは聞いたことがあるのですが、今は仕方なく日本のミネラルウォーターをあげてます。

お忙しいところ大変申し訳ないのですが、
先生のお考えを教えていただけたら幸いです。

Re: あ~

確かにこのお方なら、ちょっと毛深い人間と言って人間用の病院でもOKそうでありますな(^^)
猿殿はおとなしく検査とかできるのでありますか?

確かに水の問題・・ペット達への影響があるのかはかなり気になります。
赤ちゃんがいる方々には、それどころではない!とヒンシュクをかってしまうでしょうが。

Re: あ~

皆さま

コメントありがとうございます。
ちょっと人間みたいで
可哀そうな感じでゴメンナサイ。
しかし、本人はもちろん麻酔中で気づいていません。
無事手術も終わり、元気になりました。
しかし、珍獣仕事は楽しいより苦労が多いのが実際です・・。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。