男だって

カルテ
01 /21 2011
このブログの読者さんであれば、
動物がガンをわずらうことはもうご存じかと思いますが。

そして、動物の手術を行うときには
手術野の毛刈りをしますが、たいてい、
動物は毛刈りを大変嫌うため
麻酔をかけてから丁寧に剃ります。

さて、下半身スッポンポンのモルちゃん。
立派なタマタ○つき
morumo1.jpg

再度入念におっぱいを触診すると…。
ちなみに!犬猫のオッパイは4-5対ありますが、
モルモットのそれは、太ももの付け根に1対です。
すなわち、左右に1つずつで人間と同じ。
morumo2.jpg
乳腺部にコリコリしたシコリが…。
実は! モルモットの乳ガンはオスに多いのです。
意外に多くて、案外知られていないオスのモルモットの乳ガン。

morumo4.jpg
この子は両方の乳腺を摘出しましたが、
これは、再発を防ぐための最大限の方法です。
麻酔の覚めもよく、乳ガン再発の恐怖からは解放されたことでしょう。




コメント

非公開コメント

Re:男だって

わ!最初何の動物かと思いました。

そうそう、オスは立派な!…じゃなくて
乳ガンですか。怖いので気をつけなくてはと思いますが、飼い主としてはどうしたら…?

ひっくり返してコリコリしてみるとか・・・・・?

Re: 男だって

モルモット大好き人間として勉強になります!
ありがとうございました。

オスだから、メスだからって先入観でペットの病気は考えられないってコトが改めて分かりました。o( ̄ ^  ̄ o)

Re: 男だって

人も、男性が乳がんにかかってしまうことありますもんね。
確率は異なるものの、動物も一緒なんですね。
毎回、ホント勉強になります。

それにしても、1対なのにずいぶん下にあるんですね。

2枚目の画像が、長門○之さんに見えちゃって(^^;
わぁ~、すみません!

Re: 男だって

皆さま

本来はおひとりづつ返信すべきところ。
すみません。
ガンの予防はなかなか難しいです、実際は。
なる子はなってしまいます。
なってしまったとき、それから、
どうするかが一番重要だと思います。
人も動物も同じことだと思っています。