ぼくらはみんな生きている

カルテ
12 /22 2010
生きているから かなしいんだ手のひらを太陽に
すかしてみればまっかに流れる ぼくの血潮( ちしお)
ミミズだって オケラだってアメンボだってみんな みんな生きているんだ…♪

前置きが長くなりましたが、
前回は、いろいろな意味でヘビーだったので、
今回は、ライトな「体重」の動物でいきます。

飼い主さま「せんせぇ、うちの子、身体にからだに大きなしこりが
      ぶら下がっています…。なんとかなりませんか…。」

わたし「どれどれ、診せてください。」
    「あ……。」

oranda1.jpg

わたし「これは、お薬では良くならないですね。切るしかないとわたしは思うのですが」

飼い主さま「では、お願いできますか?」

わたし「リスクはもちろんありますが、全力で向かいますね」

oranda2.jpg
以前にもウーパールーパーのところで紹介したことがある
「エラ呼吸用麻酔装置(自作)」の出番です。
麻酔薬入り水をエラに注ぎ、準備完了!

いざ。出刃包丁で!というのはウソです。
電気メスでいざ!
oranda3.jpg
こんなん取れましたけど…。

oranda4.jpg
長年背負っていた想い、いや「重い」から解放されました!

コメント

非公開コメント

Re: 僕らはみんな生きている♪

ほう・・先生は金魚殿たちもOKでありますな!て、当然か・・
金魚族は、カエル族より人間族に親密な愛情表現をしてくれますからな。
飼い主殿もさぞホッとしたでありましょうな。(^^)
浮き袋が調子悪くなってひっくり返る病気も治療できるのでありますか?

でさ・・皆さん25日発売の先生の本の予約はバッチリでありますか??
まだの方は25日に本屋へGOでありますぞ!(我輩、すっかり宣伝部長の気分?)

Re: 僕らはみんな生きている♪

うまい!
座布団一枚v-218

Re: 僕らはみんな生きている♪

きんぎょちゃむ@ω@`元気になってよかったあ

Re: 僕らはみんな生きている♪

これは病理に出したのですか???
魚にも悪性腫瘍なんかあるんですね。
自然界では淘汰の対象でしょうが、殊、ペットとなれば家族同然ですから助けられるものなら助けたい心情でしょうね。

わあ!

金魚を沢山飼育してるので、この記事がものすごく気になりました!
金魚にも ここまで大きくなる腫瘍が出来るんですね。原因は何なのでしょうか?
金魚の治療と言えば、塩水浴か、薬品を水に溶かす薬浴しか出来ないので まさに目から鱗が落ちる思いです。
「ベイブ2」に出てくる赤い金魚みたいで、もし話せるなら 「先生 ありがとう!」って言うでしょうね。

Re: 僕らはみんな生きている♪

皆さま

コメントありがとうございます。
返信が年をあけてしまて申し訳ございません。
いろいろな動物が診れるよう日々研鑽につとめた
いと思っておりますので、
今年もよろしくお願いいたします。