スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルの断脚?!

カルテ
11 /15 2010
なんとか帰ってきました。

復帰祝い?
恒例のマニアック手術シリーズ

飼い主さん:「せんせぇ、うちの子、腕が腫れてパンパンです!」


わたし:「では、診せてください~。あ、確かに。
     ほうれん草食べた後のポパイみたいになっちゃってますねぇ」

coch1.jpg

わたし:「レントゲンでも骨が溶けていますし、
     おそらく腫瘍です。薬で治すことはできませんので、
     こういった場合、他の動物では『断脚』が選択になります…」

飼い主さん:「え、断脚!、カエルにも出来るのですか?」

わたし:「どこにも『カエルの断脚』の説明はないので、
     出来るというよりは、出来るように頑張るということですかね」

飼い主さん:「じゃあ、転移する前に、お願いします」

coch2.jpg
今回は、麻酔薬の入ったお水に入れて、麻酔をかけます。
お風呂に入っているようで、
平和そうに見えるのは、そう見えるだけ。全身麻酔の手術の緊張する瞬間です。
数分すると…。

coch3.jpg
ゴロリ…。
大きくは腫れあがった腕を切り落とします。

coch4.jpg
なんとも、いやはや…。

coch5.jpg
病理検査の結果、悪性の腫瘍(ガン)でしたが、
経過もとてもよく1か月の検診でもご覧のように不自由なく生活していました。
よかった、よかった♪


コメント

非公開コメント

嬉しぃっす(T_T)

涙涙(T_T)
センセ、アリガトウゴザイマス♪
種は違えども_カエルさんは、大福の親戚と(勝手なワシの想い)考えます。
アリガトウゴザイマス!!!!!!!前例の無いオペであったのでは?
目力がある、威厳のあるカエルさんとお見受けします。(ステキ!なカエルさん♪)
オペを決意された親御様にもm(_ _)m
本カエル様・親御様・センセ・田園調布スタッフの皆様_ 本当にお疲れ様でした(;_;) 本当にヨカッタ♪ヨカッタ♪ 嬉し涙で乾杯♪

忘れてた♪

何処から「帰ってきました」のか分からんけど_。
お帰りなさい(^o^)/
☆センセやセンセの周りの方々が元気でありますよう!!!!!!!

Re: カエルの断脚?!

ホントよかったですね!

カエルさんも、ガンを患うのですね。
ビックリです。


それにしてもオペ後のカエルさんの背中、
コケが生えたみたいにとってもグリーンですね。
緑色の手術台だったのでしょうか(^^)?

Re: カエルの断脚?!

手術後の顔が手術前より楽しそうに見えますね。カエルさんは亀さんと同じでつらさを言葉にできないけど、手術前は痛かったのでしょう。
よかった、よかった。

Re: カエルの断脚?!

以前、失明したシュレーゲルと外傷のアマゾンを診ていただきました。その節はお世話になりました。
おかげ様で診ていただいた夜にシュレーゲルはピンセットからコオロギを食べてくれるようになりました。ずっと食べなかったのに診ていただいた日からなんて思わず神通力を感じました。アマゾンもすっかり傷はよくなりました。

この患者さんはコーチでしょうか?
手術が成功して本当によかったです。

これかもちび生物から大生物のために頑張ってください。

Re: カエルの断脚?!

おかえりなさい!!!
先生もカエルさんもご無事で良かったですe-250

カエルさん、口元をキュッとして‘ガンなんかに負けないぞ’
って思ってるのかな?とても凛々しいお姿に見えます♪
不自由なく生活してるなんてほんとよかった よかったです。
飼い主さまとお幸せに。。。

Re: カエルの断脚?!

種類は違いますが、同じカエルを家族にもつ身としては
ひとごととは思えません。カエルくん、無事に手術が成功して
元気になって本当によかった!

我が家のケロロも、先生に診ていただいてなければ、とっくの昔に
回虫どものせいでお星さまになっておりました。
先生のおかげで毎日元気いっぱいで、私たち家族に
たくさん喜びを与えてくれております。

これからも、ほかのお医者さまには手に負えない
マイナーなペットたちのために、どうぞお体にお気をつけて
がんばってください!

Re: カエルの断脚?!

おかえりなさい!であります。
「カエルの脱脚」・・題名だけでケロ様命の我輩はかなりビビりましたぞ。
しかしながら、手術前の辛そうな顔と手術後のキリッとした顔を比べ、本当に成功して良かったであります。
前例のない初めての手術・・決断した飼い主殿と先生にカエル一族になり替わり、ありがとうであります!

Re: カエルの断脚?!

ここに来院する患者は本当に愛を持った人間だし、それを治す先生も本物です。いつも飼い主の愛情を垣間見ることと、先生の適切な治療でひとつの命が助かるのを見ていると、爽快な気分に浸れます。

Re: カエルの断脚?!

皆さま

本来であれば、個別に返信するところを
お許しください。
カエルと言えどもなんとか出来ることもありますので
(出来ないことも、もちろんあります)
まずはご相談くださいね。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。