お尻のシコリ

カルテ
09 /11 2010
老齢のワンちゃんが来院しました。

お尻に出来物が出来てしまったとのこと。
さっそく確認すると確かにお尻の脇に大きな
シコリがありました。

anamass1.jpg
肛門付近の腫瘍は、大きくなると排泄の時の邪魔になるので、
腫瘍の悪性、良性にかかわらず、生活のクオリティを著しく低下させます。

しかも、お尻周囲の手術は出血が多いし、
無理して腫瘍を取ろうとして
肛門周囲の筋肉や神経を損傷させてしまうと、
そのままウンチ垂れ流しになってしまうこともあり、
その辺のリスクは術者を嫌な感じにさせてくれます。
この症例もすでに、肛門の一部に腫瘍が食い込んでいて嫌な感じ。

この腫瘍は、肛門周囲腺腫というのですが、
高齢の未去勢の雄犬に発生します。
つまりは、男性ホルモンの影響でお尻の腫瘍ができるのです。

で、今回私は「肛門科」になります。
anamass2.jpg
垂れ流しにならないように、
腫瘍を取り残さないように摘出。
ついでに去勢手術を施していませんでしたので、
この腫瘍と一緒にタマタマも取ります。

現代における去勢手術は、単に余計な繁殖を防ぐだけではなく、
こういった高齢に伴う病気も予防してくれますので、
避妊去勢をするメリットも多いのです!


コメント

非公開コメント

内科外科・耳鼻咽喉科・眼科・歯科・美容外科_ 。
う~む(-o-;) あとは、心療内科・精神科? (笑)
センセのトコを訪れる、大切な命の声を...........翻訳して下さい!!!!! 「 親がしつこくて、ウザイんです。精神的に参ってます」 みたいなお子さんの声。
えっ!今の声、だっだっ大福?

Re: お尻のシコリ

すごい!こんな病気があるとは知りませんでした。
ウチの犬&猫は全て避妊去勢済みですが、高齢になると気をつけなくてはいけませんね。

Re: お尻のシコリ

近所の犬がまさにこの病気で手術しました。我輩はお尻の腫瘍なんて、かなり特殊な病気だと思っていましたが、原因もわかっている病名もある病気だったのですな。

尻尾がかわいいでありますな!
早く治って長生きしてもらいたいものであります。

土曜日はケツビの診察ありがとうございました。
お腹の中もスッキリ!我輩、一安心であります!
で、また夜は祝杯でありました。

大福母殿・・
大福殿の声聞こえたら「いつもマウス美味いぜ!サンキュ~!」ってきっと言ってますぞ!
(^^)

Re: お尻のシコリ

去勢手術をして犬の気持ちを考えずにタマタマを取ってしまってちょっと落ち込んでいたのですが、このブログを見て間違ってなかったと思いました。。。

Re: お尻のシコリ

大福母様

コメントありがとうございます。
そう、私は動物の声と飼い主の声を同時に
聞かなくてはならないので、その通訳で大変ですよ(笑)。

ジジ様

コメントありがとうございます。
そうなんですよ、歳をとるといろいろあります。
避妊去勢済みであれば、多少は安心ですね。

ナオキチ様

コメントありがとうございます。
けっこう、この病気普通にありますねえ。
飼い主様にとっては一生に1度の病気でも、
私は週に3回も診ることがありますよ。

ひめ様

コメントありがとうございます。
ぜんぜん落ち込む必要なんてないですよ~。
もう、わんんちゃんは、
去勢したことも忘れているかもしれませんしねっ。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。