スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメの ~その2~

カルテ
08 /25 2010
前回の「カメの~」が予想外に好評なようなので、
急きょ~その2~をやることに決定しました。


その7.カメの聴診
kametyousin.jpg
元祖お医者さんツール。
直接当てるとゴツゴツとしか聞こえないので、
濡らしたガーゼをかませます。


その8.カメの腹腔鏡
kamekouseikyou3.jpg
ステップ1.麻酔をかけて左上にして寝かせます。後ろ足をだらっとさせます。

kamekouseikyou2.jpg
ステップ2.滅菌布をかけて、足の付け根に切れ込みを入れて、
      体腔まで穴を開けます。

kamekouseikyou1.jpg
ステップ3.腹腔鏡を穴から挿入して、内臓を確認します!
      音だけで想像するより、より確実です。

以上、古典的検査およびハイテク系検査でした。



コメント

非公開コメント

Re: カメの ~その2~

うわっ!かめさんのどてっぱらに風穴が・・・。
って・・・出血がぜんぜんみられませんが 止血済みなのか もともと毛細血管がすくないとか??

りくがめさんと例えばミドリがめさんとでは かかりやすい病気など違いはあるのでしょうか??

Re: カメの ~その2~

フ~ム マニアック過ぎて・・・分らない所が、体腔とはいったいどこの部分?
胃ですか? それとも体の中の無いもところ・・・とか?

フ~ム やっぱり難しそう・・・

私の子供の頃の夢は動物園の園長先生!!(あっ先生はいらない?)
獣医さんは、やはり無理だったわ・・・
結局 どちらも叶わず、単なる動物好きのおばさんになってしまいましたけど・・・。     

Re: カメの ~その2~

先日は小さなリクガメの結石手術でお世話になりました。
その後エサも食べて、ここ最近は調子が良さそうです^^

カメさんの診察や手術、こんな風にやってるのですね~。
記事が違いますが、テレビも拝見しました。
結石手術でしたので、うちの子の大きさでこれをやったのかと思うと、本当に脱帽です!

ブログ更新、楽しみにしています^^

Re: カメの ~その2~

初めまして。
雑誌“SPA”で記事を拝見しました。
そして、先日のTBSテレビも・・・。
カメの手術の様子を映像で目の当たりにして、こんな精緻な作業をよく
できるな~ と感動いたしました!

これからも、ブログを楽しく読ませていただきます。

Re: カメの ~その2~

次に先生がだすべき本は獣医さん向けの診療および手術の本ですね!
亀さんを診て下さる先生が増えれば 亀を飼う人が増えて亀さんにとって快適な環境がどういったものなのか もっとしぼられてくると思うのです。(先生がバカンスを楽しむ時間もできるかも)
なにしろ床材ひとつとっても何が最適なのかいろんな方のブログを見れば見るほどわからなくなってくるので(汗)

Re: カメの ~その2~

leekunさま

血が出ていないのはですねえ、
血管をよけて穴を開けているからですよ。
ミドリガメは卵詰まり、リクガメは結石がやはり
多いでしょうか。
でも、ホントいろいろ病気ありますよ。

creaのママさま

コメントありがとうございます。
そう、単なる動物好きが一番いいのです。
職業にするとそれはそれでいろいろと(笑)。
体腔すみません、お腹の中です!

コロナままさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。
コロナちゃん元気にしてますか?
テレビどうもありがとうございます!
これからもよろしくお願いいたします。

yurikamomeさま

はじめまして!
かもめ好きなのですね。
わたしは『かもめのジョナサン』が好きだったりします(笑)
これからもよろしくお願いします!

かめ子さま

コメントありがとうございます。
そうですね、亀の医学書。売れませんよ~(笑)。
そもそも、カメを治療したい!っていう獣医さんが
少ないのですからね。
生き物飼育に正解はありません。
そこがまた考える喜びになるのですよ~。

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。