一生を知っていること

動物
08 /03 2010
さて問題です。
このとても可愛い赤ちゃんは、
なんの動物でしょうか?
ヒント1:ミルクを飲んで育ちます。
ヒント2:体の色は白黒です。

はい、正解は。

ウシのホルスタインでした。
というのは冗談で、
シーズーの生後1日目の赤ん坊です。
koinushizu.jpg
文句なしに可愛いですよねっ。

獣医は出産に立ち会うし、
その子達が、成長し、大人になり、そして、老いて死を迎える
一連の生命の流れを日常的に診ている。

人間のお医者さんは細分化されているし、
人間の寿命も長いのでなかなかそうはいかない。
(赤ん坊を取り上げた産科医や助産婦さんが、
その取り上げた赤ん坊が成長し、大人になって、
さらに老いて死んでいく姿を見ることは物理的に不可能だ。)

その意味では、個体としての動物の一生をいつも見つめている訳で、
皆様のペット動物が今どのポジションにいるのか俯瞰できてしまうかもしれない。

獣医の世界ではよく「獣医は単に動物好きだけでは務まらない」とよく言われる。
その理由がここにもあるかも知れないなぁ・・・・。

コメント

非公開コメント

Re: 一生を知っていること

確かにそうでありますな・・
飼い主も可愛がるだけでなく、産まれてから一生を終えるまで責任持って向き合わなくてはいけませんな。
人間の主治医がゾウガメ殿なら一生を診て貰えそうですかな(^^)
生まれたてのシーズー殿が、先生に診てもらいながら幸せに長生きしてもらいたいものであります。

Re: 一生を知っていること

う~ん、タイトルからして思生死の重みが感じますね。

以前にもコメントした気がしますが、獣医さんは人間の医師より何倍も大変だと思います。
細分化されていない分、すべての診察が専門扱いになってしまうのだから・・・。
まして、患者は無口ときているし、飼い主さんの情報を手がかりに診察しなくてはならないのですものね!?

それに、いいときばかりではないのですものね。
生と死は、隣り合わせ・・・
とても大変なお仕事だと思います。
でも、良い結果が、せんせーのパワーの源とか・・・?

いつも、ありがとうございます。

Re: 一生を知っていること

かわいい!そういう瞬間たまりませんね。
一生を見続ける、獣医さん的にはそうでしょうけど・・・犬の飼い主からしたらもう少し長生きして欲しいです。

先生の御本の事やらテレビの事、SPA!の事を全部ブログにアップしました。異論があればおっしゃって下さい。

Re: 一生を知っていること

可愛いー。ちょっとこんなの待ってたかもe-465
モノクロ好きな私にはたまらないbabyちゃん達です!!!

私事ですが、来週末に引越しをする事になりました。
っといっても電車で2駅の距離になるだけですので今までと
変わらずさくらの一生を見続けてもらえたらと思っています。
これからもよろしくお願いします。

‘あの2匹e-247e-134’ですが、診察室とは!
先生の助手としてお手伝いしてくれたらいいんですけど。。。










Re: 一生を知っていること

ナオキチさま

コメントありがとうございます。
そうですね、ゾウガメのお医者さん、
いいですね。時間の流れも違いそう!

creaママさま

コメントありがとうございます。
いえ、重みなんていうものでもないですよ。
好きで始めた仕事、毎日楽しいです。
そうですね、病気の動物が元気になったときが
一番嬉しいです。逆に、うまくいかなかったとき、
それが歳であっても、へこみますよ。

ちぇるママさま

そうですよね、大型犬は特に寿命が他の犬と比べても短いので、
毎日大事に送ってください。
とにかく、優しさと厳しい目をもって、接してあげれば
より有意義なドッグライフが送れると思います。

さくらもちさま

コメントありがとうございます。
ハイ~、モノクロですね(笑)。
そう、わんちゃんの視覚はモノクロですからね。
引っ越されてしまうのですね↓
でも、診察室の2匹に会いに来てくださいねっ。


Re: 一生を知っていること

先生、いつぞやは失礼いたしました。
寿命の近づいたカエルのことで不安で仕方なくて・・・。
11年目を迎えていたアマガエルのガーは8/1に静かに眠るように天寿を全ういたしました。
冬眠もさせず、年2度は北海道と宮崎の飛行機には乗せられ・・・病気もせず、よく長生きしてくれたと思います。
たくさん癒してもらいました。出会って幸せでした。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。