スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謝罪♪

植物
04 /13 2010
本日、開花♪

シンビジュームの一種。
この株は1年前にお付き合いのある業者さんから
頂いたものです。

たいてい頂き物の鉢植えの蘭は
その時の花が終わってしまうと味気がなくなるうえ場所をとり、
何となくそのままフェードアウト(枯死)しまうことが多い。
しかし、それなりに育てると、翌年も綺麗なお花が咲きます。
sinbijium.jpg
蘭は意外と水を好みますが、べたべたの環境もダメで、
たっぷりの散水と水はけのよさが重要です。
というと難しそうですが、
用土が乾いたら、水をやる、という、
簡単な繰り返しが大切です。

多忙な現代人はそれすら難しい。
かくいう私も時々フェードアウトさせてしまいます。
蘭ちゃん、ゴメンナサイ。



コメント

非公開コメント

Re: 謝罪♪

おめでとうございますe-465
先生のうれしい気持ちがいっぱい伝わってきます。
今の季節にぴったりな春らしい綺麗な色ですね。


蘭ってそんなにデリケートだって知らなかったです。。。
そういえば、一昨年の母の日にプレゼントした蘭の花が
昨年花をつけたって母が喜んでましたがそういう事だった
んですねi-236
今年はまだ報告がないけど???聞いてみようっとi-203


Re: 謝罪♪

枯れ朽ち果てたと思っていた蘭が3年後に新芽をだした時、植物の生死は動物より見極めが難しいなとしみじみ眺めたことを思い出しました。
現代人の喧騒を余所に、強く質素に呼吸しているんですね~

Re: 謝罪♪

正直に言うと、私は植物との相性はあまり良くないみたいなんです。
気持ちはあるのですが、あんまり長いお付き合いにはなれません。
手をかけすぎ見つめすぎと言われました。
どうしたら、こんなに美しい花を咲かせてくれるのでしょう。
憧れです。

Re: 謝罪♪

さくらもち様

コメントありがとうございます。
お母様に蘭とはセンスが良いですね。
蘭は繊細ではありませんが、
あまり構いすぎても放置しすぎてもダメです。
適当な距離感が重要です。
人間関係と同じですね。

RANKO様

そう、蘭は強健でもあるのです。
まさに野生の力です。
なかなか見極めは難しいですよね。

根本真美様

コメントありがとうございます。
そうですよ、あまり手をかけすぎてもダメなんですよね。
適度に手を抜くことも重要なんですよ~。
ま、基本は「適切な距離感」ですかね。

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。