スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠し玉!

カルテ
03 /27 2010
注)以下、上品と自負する方は決してご覧にならないでください。

ある日。とても上品なマダムがミニチュアダックスを連れてきました。

マダム:「センセ、うちの子、去勢手術を受けさせたいざます」

私:「はい、了解です。私、こう見えても去勢手術は得意ですよ」

マダム:「それはよかったざます。お願いできますざますか?」

私:「その前に、この子のタマタマ確認させてください」
  
   触診中

  「・・・・・・・あれ、一個しかないですよ」
tama1.jpg
私:「ほらね。」

マダム:「えっ・・・・。」
    「なんでなそうなのかしら、うちの子に限って。
     たまたまそういう子だったのかしら」

私:「えっ、もしかして、それ、おやじギャクですか?」

マダム:赤面・・・・。

とのやり取りが実際あったかどうかは定かではありませんが。

いずれにしても、最近よく遭遇する片タマ。
停留睾丸、潜在精巣と言ったりもします。
お腹の中にあるタマが成長とともに外の袋に収まるべきなのですが、
そのままお腹に残ってしまうのです。
原因は遺伝です。

タマはぶら下がって常時冷やしておかなければならないのですが、
お腹の中に留まったまま高齢になると、高い確率でガン化します。
そしてホルモン性の再生不良性貧血を起こし、場合によっては死にます。
ですので、片タマの場合、若いころにお腹から摘出する必要があります。

お腹の中のどこかにあるには違いないのですが、
どこにあるのかは、開けてみてからのお楽しみの埋蔵金探し。

いえ、実際には膀胱に裏側にある精菅を目印に手繰っていけば、
その先にタマはついています。
tama2.jpg
お腹の中から取り出したタマの相方。
これで将来のガンの不安からは解消されます。








コメント

非公開コメント

Re: 隠し玉!

e-447どんな珍しいとっておきのネタなんでしょうとワクワクしながら読んでいくと・・・・・。(苦笑)
マダムとせんせの会話や わんちゃんのタマタマの写真には・・・。(大笑)

私は動物さん大好き人間なのですが 犬猫さんを飼うご縁が今までないんです。
じつはつい最近まで 男の子も女の子も避妊手術!!だと思っておりました。(タマタマ取っちゃうのが去勢手術なんですよね)e-452 とある獣医さんのブログをたまたま見ていて知りました。

1番お得意なのでしょうか?タマタマの手術?????(e-466

Re: 隠し玉!

どんな珍しい動物より、この上品マダムにお会いしてみたいものです(^^)
怪物くんののキザオのお母さん風?(話し方がそっくり)それとも○姉妹のお姉さま風?でありますか。
この病気(?)は人間にもあるのでありますか?
知らない間にガンになるかも・・とは怖い話でありますな。

Re: 隠し玉!

Leekunさま

コメントありがとうございます。
そうですね
一番得意なのは?やはりタマの手術ですかね。
手術だけの時間であれば、3分です(ホント)。
手術の名前ですが、面倒であれば、
不妊手術といえば、雄雌両方を指しますよ。

ナオキチ様

コメントありがとうございます。
マダムはご想像にお任せします。
とびっきりのセレブでマダムですよ。
人間にももちろんありますよ。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。