スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きいことはイイことだ!?

カルテ
02 /06 2010
記録を更新しました。
過去の来院した最大動物は55キロのゾウガメでしたが、
今回はそれを上回る60キロ。
成人男性1人分です。

ミニブタです。
ミニブタのイメージって小さくて……。
しかし平均でも45~55キロくらいにはなります。
えっ、と思われるかもしれませんが、
本物のブタさんは、200~300キロくらいは軽くありますから、
ま、そういう意味ではブタ界ではかんなりミニチュアとは言えそうですが…。

今回のミニブタさんは食欲不振と吐き気が止まらない、
ということで来院しました。
長い間食べておらず、段々と元気がなくなってきた様子。

とはいっても、治療に全く協力的ではないブタさんに
投薬したり、注射したり、レントゲン撮影したり、
採血したりするのは困難を伴いました。

ひとたび60キロの肉弾が本気を出せば、
女性スタッフはひとたまりもありません。

いろいろ、作戦を考えましたが、
ここは文明の力を借りて、
「胃カメラ」を使うことにしました。
もちろん、人間のように黙ってカメラを飲んではくれませんので、
全身麻酔にて行います。
pigend2.jpg
この牙、この迫力!



pigend1.jpg
画面隣りの男性と大きさ比べてみてください。
あ、ちなみにこのブタさん、室内飼育です。

胃カメラ検査の結果、胃内に異物の疑いが浮上しました。
しかし、その確証は得られず。

引き続き、その存在を確定すべく
開腹による検査手術へ移行しました。

開腹して自分の眼と手で詳しく探索したところ、
胃と腸(下の写真:腸閉塞)から大きな雑巾が出てきました。
pigend3.jpg
結局このブタさん、
診療時間を大幅に押す5時間に及ぶ大手術となり、
ブタさん、スタッフともども疲労困憊。
数日の入院の後、食事も摂れるようになり退院しました。

いろいろなことがあって、最後には元気になってよかったけれど、
二度と遭遇したくない症例です(苦笑)。

コメント

非公開コメント

Re: 大きいことはイイことだ!?

雑巾が原因とは・・不謹慎ながらニヤッと笑ってしまったであります。
大手術お疲れ様でありました。
ブタ殿もかなり恐怖と痛い思いをしたと思いますが、無事治って良かったでありますな。(^^)V
どうやって病院まで連れてきたのでありますか?
ブタの世話をしたことのある友人に言わせると「ブタは気に入った人のふくろはぎに掃除をしてると鼻を吸いつけてきて、ブタの鼻の跡がつくんだよ!可愛いでしょ!」と・・
先生これって本当でありますか?

Re: 大きいことはイイことだ!?

ナオキチさま

コメントありがとうございます。
いや~、今だからほんと、ネタになりますが、
その時は必死でしたねぇ。
もどかしい胃カメラ、開腹を行う決断、
どれをとっても苦しかったです。
ま、結果オーライですが。
ブタの吸引跡?あまり聞いたことありませんよ。
キスマークならぬ、ブタマークですね。

Re: 大きいことはイイことだ!?

大手術お疲れ様でした。
写真だけ見てるとイノシシさん???
飼い主様も 雑巾の枚数を確認しなくてはいけなくなって
大変ですね。 手術成功よかったです。
でも いいなあ~。ぶたさんとの生活・・・。
でももう少し小さめなぶたさんを希望したいです!
ナオキチさまと同じく 病院まではどうやって??
田園調布の街をどうのようにしていらしたのでしょう??
待合室では ちゃんとおりこうさんだったのでしょうかね。
せんせの病院の待合室は動物園のよう!!??

Re: 大きいことはイイことだ!?

私もミニブタさんとの生活って憧れますが、意外と大きくなるのですね!
大人の女性一人文くらいありますもんね。
ミニブタさんを室内で共同生活!
どんな感じ何でしょう!楽しそうです(笑)

検査・手術お疲れ様でした!!
また先生の手で、苦しみから解放された命があったのですね。

Re: 大きいことはイイことだ!?

leekun様

コメントありがとうございます。
豚さんはなんでも食べてしまうので
本当に注意が必要ですよ。
段ボールでもなんでもむしゃむしゃです。
この方は、遠路はるばる秦野からお車で
いらっしゃいました。

根本真美様

コメントありがとうございます。
ミニブタって楽しそうですが、
こんなにおっきいのですよ~。
なんでも食べちゃいますよ~。
楽しいかもしれませんが、
仕事には出れなかもですよ~(笑)。
ま、そうとう覚悟して飼う動物ですよね。

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。