スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼の保養

植物
01 /24 2010
インドやタイやフィリピンなどの標高500~1000mのあたりの
森林に生息している蘭の一種です。

「バンダ」といいます。サンスクリッド語で「まとわりつく」を
意味するそうです。
その意図するところは、この蘭には土が必要なく、
木々にくっついて、まとわりついて生活しています。
雨や空気中の水分から水を得る「着生植物」の一種です。

私はこの着生植物の類に目がありません。
シダでも蘭でも何でも。
その理由は自分でも判りません。
ただ、木の幹に何か別の植物がくっついていることに魅かれるのです。
マニアックな嗜好ですよね、きっと。

着生植物の多くは地味なものが多く一般受けすることがあまりないのですが、
このバンダだけは別格です。
可憐、精緻、絢爛、妖艶、豊潤とも言えます。
vanda.jpg
vanda2.jpg
ここのところなかなかマニアックな手術画像が続きました。
この辺で一度、頭をリセットして自然の美しさを再認識しましょう!







コメント

非公開コメント

Re: 眼の保養

いつもの先生のブログとは思えない(失礼)とても綺麗な画像ですね。
だっていつもカエルちゃんのお腹の中とか、カメさんの甲羅の中とかなんですもの・・・・
本当に目の保養です。ありがとうございます。
着生植物見た事ありませんでした。

Re: 眼の保養

違う所に来たかと思いました(笑)
我が家のファレノプシスももうすぐ咲きます。
ウチは躾が厳しいので??セッコクはベランダで越冬です。
蘭はその高貴なイメージと違って、意外と逞しく健気ですよね?ミルトニアは二回挑戦して撃沈・・
先生なら、きっと綺麗に咲かせると思います。いつか育ててみて下さいね(^^)

Re: 眼の保養

蘭といいますとどうしても日本では「開店祝い!」とかで鉢に入って綺麗に針金で形を作られたものが一般的でありますが、本当はなかなかワイルドなお方なのですな・・(^^)
綺麗であります。

Re: 眼の保養

ちぇるママさま

コメントありがとうございます!
ああ、らしくなですよね。
でも、植物も一応好きなのです!
着生植物は当院のらせん階段上に掛けてありますので
こんどいらしたときに見てみてください。

RANKOさま

コメントありがとうございます。
蘭はいいですよね~。
私は蘭マニアではないのですが、
蘭に魅かれる気持ちが判りすぎて
はまるのが怖いですぅ・・・・・・。

ナオキチさま

コメントありがとうございます。
そう、私は基本的に改良種ではなく
ワイルド系が好みなのです。
改良種にはそれなりの美しさがありますが、
やはり、自然が作った原色には敵いませんよね。

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。