スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大工仕事

カルテ
12 /26 2009
亀さんに膀胱結石が多いというお話は
ここで何度か書きましたので、
もうご存知の方も多いと思います。

亀さんの手術はおなかの甲羅を四角く切り取り、
甲羅に窓を作って、そこから行います。

が、結石があまりにも大きいときは、
その窓から結石が出てきませんので、
甲羅の中で、結石を砕いてスプーンですくい取って
出さなければなりません。

ということで、その結石を砕くための
私のやり方は、というとトンカチを使ってカンカンやります。
まるで大工仕事です。
kamedaiku.jpg
この方法を編み出してからは、手術時間を大幅に短縮できるようになりました。




コメント

非公開コメント

Re: 大工職人

この前のSCAPARAではお世話になりました。これもピップ(?)E法で甲羅を閉じたんでしょうか。

私も手拳大の結石を取り出すのに苦労した経験があります。
これはハンマーとエレベーターでしょうか?
良さそうなので機会があればやってみます。

Re: 大工仕事

ヤマさま

引き続きコメントありがとうございます。
けっこうおっきい石を砕くのは大変ですよね。
以前は、アリスとかで地道にやっていたのですが、
やはり時間がかかって…。
そうです、ピップエレキ法です。
あのメソッド、今度海外の雑誌に投稿しようと準備中です。
これからもよろしくお願いします。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。