イッキ喰い!

カルテ
12 /21 2009
患者さま「せんせ~~、大変です。
     うちのワン子、台所のテーブルの上の
     ××××をドンブリ1杯食べちゃいました!!」

私「え~、ホントですか~。でも、ちゃんとした食品だし、
  毒性があるものでもないので、ちょっと様子見たらいかがでしょうか?」

患者さま「そうですか、ちょっと、安心しました。数日様子見ますね」

数日後・・・・

患者さま「せんせぇ~~、アレをイッキ喰いして以来、
     ドッグフード食べると、その数時間後には必ず吐いちゃうのですぅ。
     やっぱり、アレをたくさん食べたせいですかねぇ。大丈夫ですかねぇ」

私「それでは、バリウム飲んでもらって、レントゲン検査しましょう」

カシャ♪

私「いや~、判断に困りますが、数日経った状況からして、
  開腹してアレを摘出する必要がありそうですよ。
  ワンちゃんには気の毒ですが・・・。」

患者さま「そ、そうですか・・・。でも、だんだん元気なくなってるし、仕方ないですよね・・・。」

ということで、ある食材を大量に食べてしまったために、
このワンちゃんは、
開腹手術を余儀なくされることになってしまいました。

手術中の写真です。
胃を切開して、ピンセットで丹念に、
1かけらずつアレを摘出します。
gura1.jpg
それにしても、キリがないくらい、たくさん入っていました。

手術終了直後です。
摘出したアレとは・・・・。
gura2.jpg
じゃん。
「レンコンの煮物」でした。
あなどれません、ハスの地中茎、レンコン!

これからのシーズン、レンコン、タケノコ、ゴボウなどの煮物の登場が多くなるかと思います。
が、肉食動物であるワンちゃんには、
この手の食材は消化しにくいものとなっておりますので、
くれぐれも食べすぎには気をつけてください。

それにしても、わんちゃん、ひと足早い
おせち料理の気分だったのでしょうか・・・・・・。

コメント

非公開コメント

Re: イッキ喰い!

う~ん!イッキ食いは我輩の得意技の一つでありますが、良く噛もうね!!
しかし随分食べましたな・・
そういえば先日、友人の黒ラブ君は『美容成分入り(?)軽石』をイッキ食いして念のため病院に運ばれたと聞きましたぞ!

飼い主の皆さんは年末で忙しいですが注意でありますね!

Re: イッキ喰い!

どなたのミニシュナちゃんか存じませんが本当に申し訳ありません大笑いしてしまいました。先生の書き方がお上手なのかユーモアに溢れてるか、不謹慎でしたすみません。でもおかしかったのは「あり得る事」だからです。我が家のちぇるも早く見つけたから良かったものの昨日、ちらし寿司をパクつきました。すぐ止めさせたから(我が家の晩御飯が無くなるから切実)ちょっとで済みましたけど、たくさん食べたら味が濃いので大変です。わんこの盗み食いにはホトホト苦労させられます。ミニシュナちゃんは食いしん坊さんでしたか?ラブだけかと思いました。

Re: イッキ喰い!

ナオキチさま

コメントありがとうございます!
動物って、人間が想像もしないようなことを
簡単に起こしてしまいます(苦笑)。
今回も、まさかレンコンで手術まで、と思いました。
年末年始は病院があまり空いていませんので、
気をつけましょう。

ちぇるママさま

コメントありがとうございます!
このワンちゃんは、2匹で飼っているK島さんのところの
子ですよ。
いや~、確かに今となってみれば笑えるのですが、
それまでには、飼い主様も私も相当決断を迫られました。
今は元気にしていますよ。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。