子ネコちゃん

カルテ
11 /06 2009
重症のネコちゃんのお話です。

今日登場の子ネコちゃんは、
食道狭窄症という病気です。
食道の一部が細くなってしまい、
餌を飲み込むことが出来なくなる残酷な病気です。

チューブを使って口から胃まで流し込むことが
必要なのですが、狭くなった部分があまりに細い為、
細いチューブさえもその部分を通すことが出来なくなっていました。

このまま食べられなければ、ジリ貧になって死んでしまいます。
したがって、最終手段として胃に直接チューブを設置して、
脇腹にそれを出す開腹手術を行いました。

この方法であれば細い食道を介さないので、
チューブを通して胃へ餌を流し込むことができます。

kate1.jpg

わずか数百グラムの子ネコちゃんの体力が心配されましたが、
無事、麻酔から覚醒しました。
背中に背負ったチューブが痛々しいですが、
そこから流動食を流し込みます。
kate2.jpg

肝心の狭くなった食道の手術は、
状態が安定したのをみて、
東京大学付属動物病院にて診察を受ける予定です。
ガンバレ、小さな命!

コメント

非公開コメント

また大変な手術をされたんですね…
ひとまずホッとしました。素晴らしいです!!

無事手術が成功して自分で食べられるようになるようお祈りしています。

Re: 子ネコちゃん

yasuyoさま

ご無沙汰です!
いや~、手術自体は成功しても、
この子が助かって元気にならないと・・・・。
そういうのでいつも悩んでいますよぉ~。
早く元気になって欲しいものです。
つくづく・・・。

Re: 子ネコちゃん

本当に、命ある全てのものを応援したいです。
ガンバレ!!

Re: 子ネコちゃん

根本真実様

応援ありがとうございます!
なんとかがんばってますよ!
もうひと踏ん張りです!

Re: 子ネコちゃん

あっ!
なんか、すいません。

ガンバレ!!

っていうのは、子猫ちゃんに向けて書きましたっ><
気軽に軽い言葉で先生にエールを送ってしまったように
写ってしまい、恥ずかしいです・・・

先生のことを応援していないわけじゃなくて、
先生に向けてでしたら、頑張ってください。と書きます><

なんだか、どうでもいい言い訳のような、
なんでもないことを書いてしまいました・・・

ごめんなさい!

命を持って生まれた全てのものたち・・・
そこに立ち向かう田向先生、
そして、分かち合う、生き物大好きな私たち、

すべての方々を応援します!!

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。