スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイタタタッ!猫編。

カルテ
10 /31 2009
久々のアイタタタッシリーズ。

今日の患者さまは、ネコちゃん。
数日間行方不明になっていたネコちゃんが
やっと飼い主の元へ帰ってきました。

が、しかし。
前の腕がダラーンとしています。
と飼い主様。

さっそく触診すると・・・・。
ありゃりゃ、骨折してまっせ。
交通事故でしょう。
しかし、他は無傷でよかったですね。
腕だけであれば命に別条はないでしょう。
ということで、さっそく手術に。

今回は、ネコちゃんということで、
骨髄内に金属のピンを入れる方法で治しました。
cathone1.jpg
手術中です。
折れた端に金属のピンを骨髄へ入れます。
そして、ぐぐぐっと反対側に戻して、
折れた部分を針金で締め付けて完了です。
cathone2.jpg
上腕に一本の長いピンが判りますか?
2か月ほどして、骨がくっついたら抜いて終了になります。

最近はめっきりワンちゃん、ネコちゃんの骨折が少なくなりました。
それもやはり、放し飼いのワンちゃんネコちゃんが少なくなったことと、
交通量が増えて、
交通事故はすなわち即死になるケースが多くなったことによります。

皆さま、脱走ににはくれぐれご注意ください。


コメント

非公開コメント

Re: アイタタタッ!猫編。

イタ~い思いをしてしまいましたが、無事に家に帰れて良かったであります。
しかし、見てるだけでひじの辺りがズキズキしてきそうな写真ですな(T T)

Re: アイタタタッ!猫編。

うちの犬も何度か脱走しました・・・TT
本人はおいかっけこしてる感じで喜んじゃってるのですが、
万が一を想像して、泣きながら追いかけたこともあります・・・。
思わずスリッパのまま飛び出して、途中で脱げて、
はだしで1キロくらい走ったこともあります。。。
本当に事故は防ぎたいものです。

人間の私が、骨折して腕がぷらぷらしてたら、
気絶するくらいおびえてると思いますが、
動物たちは本当に我慢強いですよね。
日ごろからよく関って痛みに気づいてあげなければと思います。

このネコさんも無事に飼い主さんのところに戻ることができ、
治療も終え、本当に良かったですね。
また元気に転げまわる日を待つばかりですね♪

Re: アイタタタッ!猫編。

ナオキチさま

コメントありがとうございます。
あ、この手の画像って、やっぱエグイですかね?
もう、この仕事していると、
普通の感覚が判らなくなってしまうのです。
もし、見れない画像が出たらご指摘くださいね。
「その画像、危ないですよって」

根本真美さま

コメントありがとうございます。
おっと、サザエさん状態ですね(笑)。
その次は是非、裸足でお願いしますね!
でも、根本さんが事故に会わないようにしてくださいね。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。