スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ケガ!

カルテ
06 /29 2009
飼い主様:「せんせえ~、大変です。
       田舎のペンションに泊まって遊んでいたら、
       そこにいた番犬の紀州犬に背中喰いつかれて、
       ぶら~ん、ぶら下がっちゃいました!!
       私、死にもの狂いで、その状況から取り上げたのですが・・・・・・
       こんな有様(涙)。」

harry1.jpg
私:「あら~、ばっくりえぐれてますね。
   でも、脊椎やられなくてよかったですね。
   脊椎やられたら、即死ですよ。
   それにしても、不幸中の幸いとは言え、酷い状況ですね。
   噛んだワンちゃんの飼い主には説明したのですか?」

飼い主:「はい、もちろん言いました。でも、クマやイノシシを追っ払う
      重要な番犬だから、って言われちゃいました。」

私:「そうですかぁ。クマさんとプードルちゃんじゃ、だいぶ違いますけどねぇ。
   いずれにしても、早くこの傷を治してあげましょう。
   麻酔して皮膚の形成が必要ですよ。」

全身麻酔を施して、欠損した皮膚を寄せて、
穴をふさぎました。
2週間後には抜糸します。


harry2.jpg

痛々しいですが、いまは元気に走りまわっています。
毛が生えれば、傷口も見えなくなりますので、
それまでの辛抱になります。

コメント

非公開コメント

Re: 大ケガ!

プードルちゃん、大事に至らなくてよかったです。
でもこの傷、本当に痛々しいので、かなり痛かったでしょう。
脊髄までいかなかったってことは、本気噛みではなかったのかな?
噛んだワンちゃんも番犬とはいえ、反省してくれていると
いいのですが・・・。
それにしてもちょっと噛んだワンちゃんの飼い主さんの対応が
気にかかります(苦笑)


Re: 大ケガ!

ちょこたん様

返信が遅くなり大変申し訳ありません。
動物の皮膚は、人と比べてもルーズに
出来ていますので、
案外、深くキバが入り込まないようにできているようです。
大ケガだけど、もう今は抜糸も終わって
きれいになっていますよ。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。