スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本のお話

モノ
06 /20 2009
いままでいろいろなシリーズがありましたが、
今回、また新シリーズ。
「本」です。

本を読むのが好きですので、
読んだ本を紹介してみます。

記念すべき第一回は、
当院患者さまで、ご自身でもワンちゃんねこちゃんを飼われている
作家「なりゆきわかこ」さんの絵本です。

book.jpg

写真にある3冊は、わんちゃんを題材にした子供向け絵本ですが、
その素直で優しい視点は、
よくありがちで安易な動物愛護精神とはひと味もふた味も違います。
日々、動物を仕事としている私のような玄人でさえ、
思わずグッときました。
Amazonの書評も参考にしてみてください。

病院待合にも置いてありますので、
必ず読んでみてください。
絵本なのですぐに読めます。
動物好きが読んで絶対に後悔のない本です。
かなりオススメ!
(タワーレコードみたいだけど・・・。)

コメント

非公開コメント

Re: 本のお話

絵本はほんの少しの言葉と大きな絵で
とても重要なことを伝えているものが多いので、
大人になった今でも気になると購入して
家の本箱に置いてあります。

この3冊の存在は知らなかったので、今度病院に
お伺いした時に読ませて頂きますね☆

Re: 本のお話

ちょこたん様

そうなんですよ。
大人が読んでもかなりナイス、
というか、大人が読むべき絵本です。
そう、忘れていたハートを感じさせてくれますよ。

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。