決定的証拠!

王蟲
05 /10 2009
その巨大な躯体にも関わらず、
まともな生態すら解明されていない王蟲。

腐海の奥深くに、無数の蟲達に守られるかの
ようにひっそりと暮らしていためだ。
ひとたびけがれた人間が近づこうとすれば、
蟲達の怒りをかってしまう。
したがって、その生態を記した文献はかなり限られる。

昨日、1本の電話が院長室に轟いた。
「タムカイ!ついにやったぞ、王蟲の採食シーンを
カメラに収めたぞ!」
そう、声を押し殺すように電話をしてきたのは、
古くからの友人、動物カメラマンM氏からだった。

なんでも、王蟲の足跡を頼りに、
腐海に分け入り、2日間張り込んでやっと
その姿を見つけたという。
野性生物が最も緊張を解く瞬間である
採食の時にそのシャッターチャンスが訪れたという。

彼いわく、
「王蟲は黄昏時の40分間だけ、ある毒キノコを食べに蟲道を辿る」。
さすが、動物を追って30年以上のキャリアを持つ彼の経験は、
院長室に籠って文献でしか知らない私の知識とはレベルが違う。

これが、世界初公開。王蟲の採食シーン。
以前からも研究では王蟲の主食は猛毒を持つある種のキノコである、
と考えられていたが、
この写真はそれを裏付ける決定的な証拠となる1枚となった。
oumu33.jpg


あれ・・・・。
先日、私このキノコ食べた気がします・・・・。
いまだに健在ですけど・・・。




コメント

非公開コメント

Re: 決定的証拠!

おめでとうございます!
ついに野生王蟲の採食シーン撮影に成功ですね!
前回は先生が飼育されている王蟲が、開発成功した専用ペレットを食べているシーンでしたよね。

って、真面目に応えるのは結構疲れるかも・・・(^^;)
動物カメラマンのM氏とは、もしかして実在のあの方かも?
よく両生類の本に出てくる・・・違うかな?

この王蟲が食べているキノコ、先生が栽培していたアレですよね?
アレ、実は毒キノコだったんだぁ(@_@)
毒キノコ食べて何ともない、ということは先生の消化器官や免疫機能がきっと進化したんですね。
なるほど~そういうこともあるんだぁ。
先生、今後は医学界からの研究対象になりますよ。

またボケてみたり。。。

もしや

もしや先生は王蟲の化身でしたか!?
それであの触角でぴぴぴぴと動物たちを治していたとか・・・・(^.^)

王蟲の存在を日々私達に知らしめるべく頑張って下さい。

かおり様
RH様

いつもしょうもないネタにお付き合い頂いて
ありがとうございます。大変感謝しております。
今後、この王蟲シリーズを続けていくかどうか悩んでおります(笑)。
また、なにかいいネタがありましたら、
シリーズ化していきますので、
その時はよろしくお願い申し上げます。


田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。