スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコちゃんの乳ガン

カルテ
05 /05 2009
昨日行った手術です。
14歳と高齢なネコちゃんの乳ガンです。

ネコちゃんの乳ガンは、悪性度が高く、
もっとも転移しやすいガンの一つです。
そのため、ガンの治療には、広範な外科的切除が
推奨されています。

乳ガンは、乳腺の細胞に出来ますが、
ネコちゃんには(ワンちゃんも同様ですが)、
胸から足の付け根までながーく
乳腺組織がありますので、それをすべて摘出しないと、
再発を繰り返し、転移の可能性を高めます。
この子は、おなかに大きな乳ガンができました。
catnyumass.jpg

それを摘出するには、胸とおなかの部分の皮膚のほとんどを
切り取らなければなりませんでした。
(注意:エグい画像あります。苦手な方はご覧にならないでください)


catnyumass2.jpg

あまりに大きく切開したので、背中のほうから
皮膚を引っ張ってきて縫い合わせます。
catmass3.jpg

とった乳腺組織とガンはとても大きなものでした。
catnyumass4.jpg

これだけ広範囲に組織を失うことはネコちゃんにとっても大きな負担になります。
でも、ご安心ください。
このネコちゃんは今朝には、自分で歩き回り、
ゴハンを食べるまでに回復しています。

ガンは、なるべく小さなうちに治療してあげることがとても重要です。
早期発見、早期治療を徹底したいものです。

コメント

非公開コメント

Re: ネコちゃんの乳ガン

医療の発達と生活の変化等で、近年
ペットの寿命が延びていると聞きます。
人間と違って、物が言えないペットの
病気の発見を見つけるのはなかなか
難しいものです。
少しでも小さな変化があれば、診て頂くのが
よいのでしょうか。
特に我が家の愛犬は、ヘルニアを発症しやすい
犬種なので、発症した際のその後の対応が一刻を
争うと聞くので・・・。

ネコちゃん、大きな手術を乗り切り、元気に
回復しているようで、本当によかったです。
おっぱいがたくさんある動物は、乳ガンというと
広範囲になってしまうんですね(当たり前のことなんですが)
また一つ勉強になりました。


Re: ネコちゃんの乳ガン

ちょこたん様

コメントいつも感謝します。
そうですね、長生きすればするほど、
病気にかかりやすくなりますね。
小さな変化があれば、診せてもらえれば
わかりますのでご遠慮なくどうぞ。
問題なければ無いでいいのですからね。

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。