スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やんちゃ娘

動物
08 /04 2008
エメラルドツリーボア。
学名はCorallus caninus。
下のcaninusは牙、という意味です。
南米原産。

樹上でとぐろを巻いて、ほとんど動かず、
ジッとして目の前に通りかかる、鳥や小動物をその大きな牙で捕食します。

エメラルドグリーンのとても美しいヘビです。
オセアニア地区に住む「グリーンパイソン」というヘビにそっくりですが、
こちらはニシキヘビなので、ボアとは系統分類上はだいぶ違うタイプのヘビです。
よく『収斂進化※』の代表とされますね。

神経質で飼育が難しい飼い主泣かせヘビとしても有名です。
私の飼育するみどりちゃんも、例に違わず気難しい娘ですが、
飼育して3年になります。
いまだに年に数回しか餌を食べない頑固者です。

やすやすと人間に甘んじないその誇り高き精神こそ
WC(野生採取個体)の真髄であり、それをよしとしなければ、
このヘビを飼うことはできません。

最近は、飼育繁殖されたあかちゃんが売られていますが、
それは、それほど飼育は難しくないようです。

emerald.jpg

※「収斂進化(しゅうれんしんか)とは、複数の異なるグループの生物が、同様の生態的地位についたときに、系統に関わらず身体的特徴が似通った姿に進化する現象。」(ウィキペディア)


コメント

非公開コメント

WC(野生採取固体)

7月の終わりにひきがえるのことで相談のメールをさせて頂いたものです。
野生採取固体・・・・正直もっと堂々としているのかと思いましたが、とても表情豊かでデリケートでなんだか自由を奪われた子供を見るようで辛いのです。
でも今の状況では止むを得ない。私のほうが堂々としていなくてはと思うこの頃です。
鉛のようなするどい眼に素敵な若葉のようなグリーン色のヘビ娘さんですね。

どうも

コメントありがとうございます。
WCはどんな動物でも最初は非常に臆病でデリケートです。
しかし、しっかり距離をとって少しずつ接すれば、
いつか心を開いてくれると思います。
頑張ってください!

有難うございます。

本当にデリケートだとつくづく感じています。
人間の顔色を伺うような行動をとるとは思いもよりませんでした。
少し距離を置いて環境に慣れてもらうことを優先しようと思います。
「金色の花びら・・・」はルドベキアの一種でしょうか!?
ナウシカは私自身宮崎監督の中ではルパンなどを覗けばとても好きな映画でした。
でも今あの花を見て思うのはアパートの庭に飛んでくる、ツマグロヒョウモンです。小さい頃はこの蝶は東京にはいませんでした。
庭に採取した種で広がったたちつぼすみれが全滅に近いです・・・・・これがカエルの餌となったりしてくれていますが。でも温暖化は恐ろしいですね・・・・・国際カエル年・・・・今度井の頭公園にでも行って見ます。
いずれにしても有難うございました。

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。