スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターザンごっこ?

動物
02 /17 2009
お猿さんをペットにした場合、
何をしたいですか?

このブログを好んで読んで下さっている方の多くは、
お猿さんを肩に乗っけて、子分みたいにして、
ツタにぶら下がって「あ~あ~あ~♪」
と叫んでみたいと思うでしょう。

このお猿さんは、
タラポワンという、アフリカのお猿さんです。
とてもよく馴れていて、
文字通り、肩乗りお猿さん。

しかし、当院に来られるお猿さんのうち、
こういった芸当ができるお猿さんは、
全体の5パーセントくらいです。

お猿さんを手なずけるには、
相当、頑張らないといけません。

でも、動物好きなら一度はやってみたいですよね♪

tarapoan.jpg



コメント

非公開コメント

書き込み大爆発

カメラ目線のお猿さん、ナイスショットですね。
ぽっこりおなか、可愛いですね。
もしゃもしゃほっぺ、ちょっと引っ張ってみたいです(笑)。
鼻筋が通っていて、ハンサムさんですね(女の子だったりして)。

え~と、私はいつかも書きましたように、お猿さんには8歳の頃、思いっきり噛まれた恐怖の経験がありますので(笑)、お猿さんに芸当なんて仕込める自信、ハナからありません。凹。
でも同じ頃、近所の銭湯でリスザルを飼っていて、一日おきに男湯と女湯の脱衣所で、スター気取り・・・、あ違った、アイドル的存在だったんですね。
その子は誰にでも手や腕や肩に乗ってきて、可愛かったです。
ですから、リスザルだけは、私の中で別格な感じです(おやおや)。
今日の写真の子もリスザルさんみたいな雰囲気で、なんか仲良くなれそうな気がします(笑)。

それにしても私が貴院に行くときは、こういう患畜さんにはお会いできませんね~。
平日だとあまり珍しい子は現れないからでしょうか?
それとも、私がこう見えてかなりの人見知りなものですから、ホントは待合室にいるんだけど、飼い主さんに「キャリーの中にいる子はどんな動物ですか?」と聞けないのがいけないんでしょうか(←これが原因だな)。

あまり関係ないんですけど、私はいわゆる「福の神」で、洋服屋さんとか食べ物屋さんとかで、お客さんの少ない時に「ラッキー♪ゆっくりできる♪」とお店に入ると、5分後にはお客さんが次々と入ってくる、という不思議な特技(?)を持っています。
だから、いきつけのお店の人は、私がいくと、そういう意味で喜んでくれます(苦笑)。
ATMなんかも、無人だったのに、5分もすると、びっくりするほど列がズラリです。
そちらの病院にも、いつも平日を選んで、他のかたのいない時間を見計らっていくのですが、診察が終わる頃にはすでにイスに余りなし、数人の患畜さんが待ってらっしゃいます(^^;)。
先生はきっと「そんな非科学的なことあるわけないじゃーん。べーだ、べーだ。これだからこの飼い主は・・・」とかお思いでしょうが、ちょっと不思議な特技でしょ(←開き直り)。
ちなみに母も同じ特技を持っています!

良く慣れていますね!

こんにちは。

肩の上にチョコンとお行儀良くお座りして、良く慣れているおサルさんですね!サルと生活するなんて想像もつきませんが、どんな感じなんでしょうか・・・?

外国でフサオマキザルを身障者の方の介助に使っている国も有りますよね。テレビで見たのですが、ペットボトルのキャップを開けてストローを差し込んだり、かなり器用なので驚きました。

その反面ペットで飼っているサルに噛まれて大怪我をしてしまい、泣く泣くそういったサル達が収容されているセンターに連れて行った。という番組も見ました(アニマルプラネットにて)  

昔「那須ワールドモンキーパーク」(だったかな?)に行って、ふれあいコーナーでリスザルとワオキツネザルとエリマキキツネザルを触った事が有りますが、リスザルは家人のホクロが気になったみたいで、一生懸命掴もうとして家人を「イタタタ!」と困らせてました(笑)虫か何かだと思ったみたいです。

キツネザル達の手のひらは、ネコの肉球のようにスベスベでしなやかで触り心地が良かったです。でも突然肩にひょいと飛び乗って来るので、結構重くてビックリしました。調べたらネコ位の体重が有るのですね(もっと重い個体も有るのかな?)

ウチのネコでも構って欲しい時に無視すると「ニャン!」と言って肩に飛び乗って来る子が居ます(笑)何もしていなければ良いですが、お茶等飲んでいる時にやられると困ります(汗)

コメントありがとうございます!

ころ飼い様

そうか、ころ飼い様の後に混むというのは、
本当だったんですね。
確かに、いつも待合は満員御礼になりますね。
あ、ちなみに女の子です。

タカハシ様

コメントありがとうございます。
>外国でフサオマキザルを身障者の方の介助に使っている国も有りますよね。

よくご存じですね~。
そうなんですよね、介護ザルというもの
海外ではありますよね。
サルの診療は、人間の小児科の
先生がいいんじゃないかといつも思っています。


田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。