プレーリードッグの腫瘍

カルテ
02 /08 2009
意外にも本ブログ初登場。
プレーリードッグです。
一時期大量に輸入され、メジャーなペット動物となりました。

プレーリードッグはグループで生活しているため、
仲間をとても大切にします。
よって、ペットとして飼育しても、
人間を仲間と認識し、とてもよく馴れ本当のパートナーになります。

しかし、残念なことに2003年に輸入停止となってしまいました。
再度輸入を、という熱い声も多いのですが、現状では難しいようです。
国内で繁殖が試みられていますが、まだまだ少なく非常に高価です。

よって、現在いる子たちは、輸入された子たちの残党で、
高齢の子ばかりになりました。
この子も、例にもれず9歳の長老プレちゃんです。

以前より、腫瘍が顔にできていたが、
高齢だから、と手術を諦めていたけれど、
だんだんと大きくなるし、さすがにこれを持って天国に行かせるには忍びないと、
なんとか摘出できないものかと相談された症例です。
prarei.jpg

コブトリじいさん状態。
十分に注意を払って、
なるべく短時間に・・・・・。
プレちゃんは、縫い傷をとても気にする動物なので、、
糸の結び目を皮膚に出さないように、傷口内部に収まるように縫合。

毛が生えそろえば、元通りの顔になります。
あともう少し、10歳までガンバレ!
prairemass2.jpg





コメント

非公開コメント

きゃーっ可哀想に>。< とても他人事に思えません。。
9歳で全身麻酔は勇気がいりますが、先生を信じて決められたんですね~。 無事成功してほんとに良かったです!!!

知り合いのとこに今年12歳になるプレがいます。 この子も10歳といわず長生きして欲しいです(^-^)

長生きするんだよ~

わわわ。。。またまた大変な手術。
でも飼い主さんのお気持ちもよくわかります。

プレさんは縫い傷を気にするタチなんですか。
うさぎよりも神経質かもしれませんね。
でも10歳か・・・・長い長いパートナーになってくれますね。
(うさぎさんの平均寿命よりも長生きなんですねぇ・・・。
そこのところがちょっとうらやましくなりました。)
まだまだたくさん思い出を作っていってほしいですね。

ところで、私が数ヶ月前に行ったちょっと遠方の某ホームセンターでは、
プレさんが3万円弱で売られていました。
2匹いて、2匹とも買ったら5万弱にしてくれる、と書いてありました(苦笑)。
思っていたより小さくて、落ち着きなく、左右にダンシングしてましたね。

かわいそう!痛々しいお顔です(>-<)
でも無事摘出できてヨカッタですね。
先生もお疲れ様でした!!

プレちゃんは本当に人懐っこいですよね♪
飼ったことはないですが、よくショップで遊んでました。(遊ばれてたのかもしれませんが・・・)
ゲージをガジガジいたずらしたり、見つめたら見つめ返してくれたり、とっても魅力的な動物だと思います。
ショップのコに肩をマッサージしてあげたこともあるんですよ。(笑)
そしたら気持ちよさそ~うな顔でトロ~んとおねむの顔になって周りの人も喜んでいました。
止めようとしたら、後ろの背中もやってくれ!と言わんばかりに後ろむきに座るので背中や肩甲骨の辺りもマッサージしてあげました。そしたら、またトロ~ん・・・Zzz
さすがに30分したので終わりにしましたが、まだまだ~ってゲージから手をだしておいでおいでされたのにはビックリしましたが・・・
プレちゃんには特別の思い出がいっぱいあります、というお話でしたぁ!

この高齢プレさんももっともっと飼い主さんと思い出を作って欲しいとお祈りします。

お大事に・・・

こんばんは。
プレーリードッグさんは結構長生きするのですね。この子の余生が少しでも良い物になればと思います。

どう見てもイヌには見えないのに、鳴き声がイヌみたいだから「ドッグ」とつけちゃうのは強引だなぁと小さいころ思いました(笑)