スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風まかせ

動物
07 /28 2008
一度落ちれば、抜けられない。

もがけばもがくほど、力が奪われていく。

尽きた果てには、巨大な牙の餌食。

antlion1.jpg

ウスバカゲロウの仲間の幼虫が棲む魔の砂丘。
いわゆる「蟻地獄」です。

巣穴の中で、獲物が通りがかるのを息を潜めジッと待ち続ける。
来る日も、来る日も待ち続ける。
餌にありつけるのも、時の運。
「蟻の野郎、風に吹かれて足元滑らさないかな~」と。

antlion2.jpg


時間に追われ、あまりにも複雑化した現代人にとってみれば、
極めて非効率的な生き方のようにうつります。

でも、そうやって、何万年も子孫を残してきたってことは、
人類より効率的かもしれない。

シンプルライフの極致。
地獄なのか天国なのか。



コメント

非公開コメント

田向健一

動物病院の院長をやっていますが、小さなクリニックの院長です。ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギから50㌔のピットブルまで、外科も内科も行います。動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。