スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオタニワタリ♪

植物
12 /01 2008
シダ植物のオオタニワタリといいます。
単にタニワタリとも呼びます。

日本では沖縄地方に自生しています。
基本的に着生植物で土のないところでも育ちます。
主に他の植物の木の幹にくっついたり、
石垣にくっついたりして成長します。

養分は土から得ずに、漏斗状に葉を広げて、
落ちてくる木の葉を受け止めて、
それを自身が成長するための養分にします。

見た目は普通の植物ですが、
案外マニアックな生態でなので
世の中にはタニワタリファンが沢山います。


taniwatari.jpg

コメント

非公開コメント

院内植物をひとつも見つけられないでいる人

下からではなく、上からの枯れ葉を養分に。。。
人よりもはるかに長い歴史の中で培ってきた知恵ですね。
単純な構造だと思っていたらそうでないものもあって、植物ってやはり「心」「頭脳」というものがあるのかなと時々思います。
(しかしやはりこういう植物の類を、病院で拝見できないまま現在に至ってるんですけど(-_-;)。もう見られないかも・・・。写真にあるように、手術台の下に置いてらっしゃるからでしょうか(笑)

ところで昨日のTBSの「どうぶつ奇想天外」、アマゾン特集でしたね。
先生がこちらに載せていた、ナイナイ岡村がいたのとそっくりな市場も映りましたよ~。
ピラニアや淡水エイ、カンディルなど、アマゾン川の4大危険生物に迫る!みたいな内容でした。←あと1個忘れた。電気ウナギかな?クリスマスツリーの灯りが点灯するほどの電力にびっくり。
カンディル、怖いですねぇ~~。トゲが釣り針のように肉に引っかかって、一度獲物を食べ出したら最後、ひき抜こうとしても抜けないという・・・・。そして獲物の内臓の奥へ奥へ・・・・・。こわ。。。
あの4大生物がいる川を、かつて先生も泳いだのですか?すご。どっか食べられちゃったりしてませんか?してませんね??(笑)
観光クルーズみたいのもあるんですね。
カワイルカが可愛かったです。


>うさママさま
そうですか~。迫力でしたか~(>_<)。>ナマズ
昨日アマゾンをTVで見たことだし、今度見させていただけたら臨場感ありそう(?)ですね(^-^)♪楽しみにしときます~~。

シダ系いいですね♪

 植物も大好きで。 置く場所さえあれば、もっともっとたくさん育てたい^^。 ( うさぎさんケージが2つ、水槽が4つ。結構場所とるのです。その上もう1つケージが増えるかも??)
 いつも病院に行くと、どこだ、どこだ?と目をこらして探しちゃいます。階段の上にも下にも、外からガラス越しにも見えますね。場所を気に入っているみたいですね^^。
 新しい植物を迎えた時に、本当はこの場所にって思っていたのに、ここはイヤなの~という声がすると、じゃあここは?ここは?って次々場所替え。 結局、みんなが好きな場所に集まってしまって。コロニーを形成してます。
 見るからに、シダ!という種類も好きですが、水やりの具合など(スプレーで)難しいですね。

>ころ飼いさま
 剥製ナマズは、歯がすごかったです!ナマズに歯があるなんて初めて見ました。
 さすが院長先生コレクション本場アマゾン天然ナマズ~@@!?

ころ飼い様、うさママ様

マニアックな記事に対し、コメント感謝します(泣)!
ナマズオタクだった私には、アマゾン行きは
なくてはならなかった旅でした。
あの時、あそこへ行かなかったら、今の私はないでしょう。
私の背後には今も、累々と滾々とアマゾン河が流れているのです。
もしかすると、カンジルが私の背中に寄生しているかもしれません。

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。