仕込み作業

モノ
11 /15 2008
さて、問題。
箱の中には何が入っているでしょうか?
アルミ製の頑丈な箱です。
巨大なお弁当箱のようです。
cast.jpg

フタを開けてみます。
cast3.jpg

では、包みを開けてみましょう。
cast2.jpg

以前にもご紹介したことのある(9月30日のログ参照)
手術道具ですね。

手術の準備には、
道具を布に丁寧に包んで、このお弁当箱に入れた後、
高圧蒸気滅菌機(圧力ナベとセイロが合体したような器械)に入れて、
121度まで加熱して道具を消毒します。

料理店における大切なお客様をもてなすための、
事前の「仕込み作業」に相当する作業ですね。

箱を開けたとき、道具がきれいに並んでいると、手術もうまくいく気がします。
熟練したスタッフのみが行う大切な仕事です。

コメント

非公開コメント

訂正・42の瞳

マ、マルがいっぱい・・・・・・(@_@;)

マルをじーーーーーーーーーっと見ていたら・・・・・・・
明治時代の偉い人のメガネに見えてきました。


これ、箱を取り出すとき「アチチチチッ!」でしょうね。

アチチ~ですね

 滅菌してますよ~。眼科でも。
 手術前は(とは言っても麦粒腫切開とか)特に念入りに。
 アチチ~ですよね。
 あ、でも、おべんと箱ではなくバスケットです。

 >ころ飼いさま
 きっと、毎日バタバタと流されちゃってるから、一人静か~にアマゾンネタに食らいつき思いを馳せちゃう?のかも。うん、馳せまくっておりますですね。
 その他ネタ&さださんネタも・・・楽しませてもらってるんですよ^^v  
 ふふ。 しあわせ~って♪♪  

この手術道具で田向先生に救ってもらった命は沢山あるのでしょうね。
あまり考えたくないけどモコがどうしても手術が必要な病気になった時はよろしくお願いします。

皆様、コメントありがとうございます!

ころ飼い様

いつもコメントありがとうございます!
圧力ナベからは、冷めてから取り出します。
が、緊急手術のときは、そうも言ってられないので、
アーチチアチ♪とひろみ郷並みに
シャウトしながらオペです。

うさママ様

毎度ながら、コメントありがとうございます!
眼科でも滅菌はしますよね。
おお、麦粒腫とは、ナイスですね。
わんこにもよく出来ますね。

MF様

いつもコメント感謝致します!
気心知れた、使い慣れた道具は、
手の一部になりますね。
逆に、新人が入るとすこし、勝手が違うので、
いつもより神経使います。
モコちゃんの健康は任せてください!!

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。