『獣医が知っていて医師が知らないこと』

書籍など
02 /24 2017
獣医療で使う器具や薬の約8割くらいが人間用のものです。
それはなぜかとういと、人の医療は獣医学より遥かに進んでいるからです。

人間も動物なので、動物も人間と同じような病気になります。
というか、医学が「病気と定義」しているものを動物に当てはめて考えているのが獣医の思考です。
医学なくして獣医学なしですね。

というこで、そういうことは獣医師なら当り前だのクラッカーなのですが、
(だから獣医が偉いということを言っているわけではないです)
この本は、人間の医師が動物を診たときに、それに気づいたお話です。
「動物も同じなんだ!」と。

barbara.jpg

ちょっと分厚いので時間がある方にお勧めです!
忙しい方には、こちらであらすじが分かります。
本の著者と同じバーバラ先生が語ってくれています。
ポチっと動画もどうぞ。
『獣医が知っていて医師が知らないこと』

お楽しみください!
スポンサーサイト

田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。