動物の仕事

未分類
03 /22 2013
講演やトークショーをする機会があるのですが、
そのなかで、ときどき、
「動物を相手にする職業って何があるのですか?」と
動物好きのお子さまをもつお母さんから訪ねられることがあります。

わたしは、いつもこう答えています。
「それが、実際には、あまりないんですよね。」
「どんな仕事も同じなんですが、
 動物を仕事にするのは大変かもしれませんよ」と。

わたし自身も動物を相手にする職業に就きたいと思ってはいたけれど、
意外と思われるかもしれませんが、
特に、獣医にこだわっていたのではないのです。
たまたま成り行きでなってしまった。


で、先日、小学生向けの職業案内本が出ました。図書館に置かれるような本です。
社会科見学に役に立つわたしたちのくらしとまちのしごと場・4 動物・自然のしごと
動物や自然に関する仕事が順番に紹介されています。

animalworks.jpg

動物の職場の一番人気と言えば、
zoo.jpg
子供大好き、もちろん、動物園!


二番目は、
aquarium.jpg
子供から大人まで、楽しめちゃう人気スポット水族館!


そして、三番目には、
denenchofu.jpg
なーんと、動物病院!




子供たちがずっと夢を持ち続けることができる職業でいられるよう、
仕事を通じて見せていければと思います。
日々、研鑽。



本人は真剣♪

カルテ
03 /16 2013
以前にもお出ししたことのある写真です。
ハリネズミ。
ハリネズミは、文字通り、全身針に覆われた動物で、
何かがあると、見事に丸まって、完璧に身を守ります。
こうなってしまうと、我々獣医師も手も足もでません。
もっとも厄介な診療動物の一種です。
聴診器を当ててもガサガサするだけですし。
hari1.jpg


先日、おっきいハリネズミを診療したところ、
やはり丸まりました。

でも、丸まるには丸まるのですが、なんかちょっと様子がおかしい。
himan.jpg

ちゃんと丸まりきれていないのです。
しかし、当の本人は、一生懸命丸まっているイメージでいるのです。
肥満で、丸まれないのです。
その滑稽さに思わず、真剣な私もクスッとしてしまいました♪



マニアック手術シリーズ。顎の骨折の巻&新刊のお知らせ♪

カルテ
03 /02 2013
久々、マニアック手術シリーズ♪

某月某日

飼い主さん「せんせえ、うちのコのアゴが、アゴが…!
      ぐらぐらになってしまいました。
      おそらく、蓋か何かに強くぶつかったと思います!」

mandi1.jpg

わたし「…。バジェットガエルですね。確かに、アゴ完全にずれちゃって、ぐらぐらしてますね。
    これ、骨折していますよ!」

飼い主さん「治せますか?」「手術できますか?」

わたし「ふーむ。カエルの下顎骨折の手術は、世界的に見ても例がないとおもいます。
    でも、そんなこと言っていても仕方ないので、考えますね」

飼い主さん「よろしくお願いします」

私:セカセカ、下顎骨折の勉強
犬猫の下顎骨折の教科書を開いてみると…
mandi2.jpg
ふむふむ。なるほど。うーん、そーか。
これ、カエルに流用できないかなぁ・・・・。


よし、こんな感じか。トンテンカントンテンカン♪(オペの音)
出来た!!
では、レントゲン、カシャ♪
mandi3.jpg

完成形です!
じゃん♪
mandi4.jpg

ということで、この症例のいきさつは、
待望の?新刊↓に出ていますので、よかったら、読んでみてください!

yorozu.jpg
概要と購入はコチラから♪



コメントなかなか返信できていませんので、
今回は、なしでお願いします。すみません。



※タイトルに珍獣とありますが、本書の内容の半分以上は、
  犬猫のお話になっております。  
  動物種に関わらずペットを飼っている全ての方に、
  Q&Aを通じて動物をより理解してもらえるように書きました。   
  Harmony with Your Pet!




田向健一

動物病院の院長をやっています。
ペットの病気のことならたいていのことはこなしています。
カメやウサギからピットブルまで、外科も内科、眼科も歯科も行います。
動物、植物を含め、命あるものが大好きです。